人は「慣れる」生き物です。

一説によると、もともとそのようにプログラミングされているんだとか……。

マンネリになってしまうのは、自然の摂理なのかもしれません。

その点、「恋愛感情」のイメージは「慣れ」とは対照的。

新鮮さに対する、ときめきやドキドキは「慣れ」ていては感じられないものです。

自然の摂理に逆らうのですから、やはり少し工夫が必要。

どんなことから工夫すれば夫婦間で恋愛感情を保てるのでしょう?

マンネリは当然?夫婦間で恋愛感情を保つためには

楽しめる時間を共有する

これは「慣れ」を逆手に取った方法。

常にドキドキするわけではないけれど、「愛着」という形で恋愛感情を持つための工夫です。

毎週一緒にテレビを見る、月に1度は映画を見に行く、趣味が同じなら、ときどき一緒に楽しむなど、お互いが「楽しめる時間を共有する」ことを意識してみてはいかがでしょう。

「一緒に笑う」というのは「心地よい時間を共有する」ということ。

ただ一緒にいるだけでも愛着は湧いてきますが、「この人と一緒だと楽しいな」と心のなかで何度もつぶやくことで、より強く愛着を意識できるはずです。

「デート」をする

「ショッピングセンターで買い物=デート」でもいいのですが、できればちゃんと「デート」という時間を設けてみてはいかがでしょう。

子どもがいる場合、いつもなら子どもと一緒に行く場所に、夫とふたりで行くだけでも、恋人らしい雰囲気を味わえます。

もちろん、子どもがいると行けないようなレストランや、バーなどに行くのもおすすめ。

「特別な時間」を共有すれば、いつもとはちがった新鮮さを味わうことができます。

その新鮮さが、恋愛感情のときめきを呼び起こしてくれるはずですよ。

悪いところはあんまり見ない

悪いところはイヤでも目につきます。

それこそ自然の摂理でしょうか。

「お腹が出てきたな」「だらしないな」「連絡がマメじゃない」など、挙げればきりがないですよね。

そして、この「悪いところ」は、見つけてもあまりメリットがありません。

ただイライラして「恋愛感情」とは程遠い感情が活性化されるだけです。

もうこればかりは仕方ないので、「悪いところ」は、もう「見ない」と割り切ってみませんか?

「恋は盲目」といいますが、恋をしていれば嫌なところも見なくて済むものです。

あえて「盲目」することで「恋」を続けてみるのも、ひとつの方法ではないでしょうか。

おわりに

変化や刺激を作って、ときめきを持続させるのも良い方法ですが、いまある「愛情」をキープする、ブラッシュアップするというのも大切な方法のひとつ。

長年連れ添った相手に「もう一度恋をする」なんて、自然に過ごしていてそうそう起こることではありません。

筆者は、ちょっと強引でも、まず自分が「恋をし続けよう」を意識することが必要なのでは? と思うのです。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)