今回は、子どもがいる旦那さまたちに、「ママのかわいい言動を教えてください」と取材してきました!

“ママ”ならではのかわいい発言には、どんなものがあるのでしょう?

意外と“子どもへのヤキモチ”からくる発言なんかが、かわいいと思われているみたいです。

子どもにヤキモチ?旦那に愛されるママの言動4つ

パパのお嫁さんはママだから!

「娘が2人いるのですが、しょっちゅう私を取り合っています。

娘たちが『私と結婚しようね』『いや!私!』なんて言っていたときに、『パパのお嫁さんはママだから!』と妻が横から言ってきて、とてもかわいかったです」(35歳/営業)

娘がいると定番の流れですが、そこに「ママのほうが好きだもん」「パパはママのものだから」と入って来られると、「おいおい娘にまでヤキモチかよ」なんて思う反面、「そんなに俺のことが好きなのか」とうれしさを感じる旦那さまが多いようです。

これぞ“the幸せエピソード”ですよね。筆者も聞くだけでニヤニヤしてしまいました(笑)

夜は私のとなりで寝てね

「パパっ子というのでしょうか……。
つねに娘がベッタリで、妻と話していると娘に怒られることもあるくらいなのですが、ある日耳元で『夜は私のとなりで寝てね』とささやかれて、ドキっとしてしまいました」(37歳/銀行員)

娘はかわいくても、やはり“女性”として見ているわけではありません。

ヤキモチに加えて“オトナの女性らしさ”を盛り込んだセリフがあると、旦那さまもドキッとしてしまうようです。

もう私はかわいくないの?

「娘は死ぬほどかわいくて、口を開けば『かわいい』と言っているのですが……。

ある日横で聞いていた妻が拗ねたように『もう私はかわいくないの?』と言ったときに、『そんなことない!そんなとこがかわいい!』と萌えてしまいました」(36歳/公務員)

自分への愛情が娘に移ってしまったのではと、不安になりちょっぴり拗ねてしまう姿もかわいいんだとか。

あまりしつこく言ってしまうと逆効果ですが、たまにはこんな姿を見せてみるのもいいかもしれません。

パパだけ特別!

子どもにヤキモチ?旦那に愛されるママの言動4つ

「夕飯のとき、自分にだけ特別に必ず一品つけてくれるのに妻の愛を感じる」(32歳/製造業)

「寝つきの悪い私に、ちょっと高級な枕を買ってくれて、羨ましがる子どもたちに向かって『パパは特別なの』と言ってくれて、キュンとしました」(39歳/相談員)

子どもがいると、子ども中心の生活になりがちですよね。

そんななかで「パパを大切にしているよ」というメッセージが感じられると、旦那さまもうれしくなるようです。

おわりに

子どもにライバル心をむき出しにするのは大人げないですが、少し張り合ってみると、旦那様にはよろこばれるよう。

筆者も、娘で両手がふさがった旦那さまのうしろ姿を見ていると、ちょっぴり羨ましくなります。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)