結婚願望があるのに交際だけがズルズル続く女性もいれば、順調なペースで彼からプロポーズされる人もいますよね。

「彼が結婚を決意した理由って何なんだろう?」とつい気になってしまうもの……。

そこで今回は「彼女との結婚の決め手」について、男性陣の意見とともにご紹介します。

既婚者に聞いた!彼女との結婚の決め手とは?

1.これ以上好きになってくれる人は現れないと思ったから

「いままで何人かの女性とお付き合いしてきたけれど、『元カレと別れたばかりで何となく付き合ったんだろうな』とか『お金目当てなのかな?』と思うこともあったんだよね。

でも、いまの奥さんからはそういう損得勘定は一切感じず、むしろ無償の愛のようなものを感じたんです」(33歳/営業)

彼のことが好きだからこそ、つい束縛してしまったり、試すような発言をしてしまう人もいるのでは?

でもそんな家に帰ってきても到底落ち着けませんから、結婚しようなんて思えないですよね……。

彼女の言動を見ていて、直感的に「これ以上自分を好きになってくれる人は現れない」と思ったときに、男性は結婚を決めるみたいです。

理由もなく浮気を疑うようなことは言わない、好意は言葉で伝える、そしてふたりの時間は存分に楽しむなど、彼を安心させることが大切かもしれませんね。

2.こだわりを捨てて、彼女の言うことを聞けたから

「いままで全身柄の派手ファッションが好きだったんだけど(笑)、彼女から『それ変だよ』と指摘されて……。

もし元カノから同じことを言われたらイラっとしただろうけど、『彼女が言うならそうなのかな』と思えました。
そのときに結婚するならこの子だなと思ったんです」(31歳/通信)

「彼女が言うなら間違いない」と思えるのって、それだけ信頼している証。

すんなり彼女の意見が耳に入ってくることで、「俺ってこんなに彼女が好きなんだな」と再認識したよう……。

結婚を決意するきっかけになったみたいですよ。

3.彼女のいない人生が考えられなかったから

「一度彼女と大ゲンカになり、別れる寸前まで行ったことがあって。
でも改めて考えると、彼女がいない生活が想像できなかった。

ここで別れたら一生後悔すると思い、仲直りとともにプロポーズをしました」(35歳/商社)

「本当に大切なものは失ってから気づく」とは言いますが、ケンカがきっかけとなり、彼女の存在の大きさに気付く男性も……。

こちらは特に交際が長いカップルに、見られるようです。

できたらケンカせず、常にラブラブのままゴールインしたいですが、現実はそううまくいかないのかもしれませんね。

だからこそ彼のご機嫌取りばかりするのではなく、ときには言いたいことも伝えるべきでしょう。

その一件がきっかけで、結婚にたどり着くこともありますよ。

おわりに

どちらかというと、彼女に何かしてもらったというより「彼女と一緒にいて、心境の変化が生まれた」ケースが多いみたいです。

彼と結婚したいからといって尽くしすぎるのではなく、等身大のまま、かつ愛情を持って彼に接することが大切なのかもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)