大好きな彼と3回目のデート。

まだドキドキするのと同時に、距離が縮まってきて、安心し始めていませんか?

そんな時、慣れてきたことから途端に彼に対する気遣いを忘れ、幻滅させてしまう残念女子がいるかもしれません。

そこで今回は、「3回目のデートで、彼氏を幻滅させて行動」をまとめました。

「3回目のデート」で彼氏を幻滅させる女子の行動4つ

遠慮がなくなり、ダメ出し

デートも3回目となると、一気に緊張感と遠慮がなくなり、彼にダメ出しをしてしまう女子。

たとえば、遅刻を責めたり、普段の生活態度に口を挟んだり。

よかれと思って言っていたとしても、男子はダメ出しをされると、女子が思っている以上にダメージを受ける可能性があります。

とくに、最も苦手とするのは、「ごもっともな意見」を述べられ、シリアスに否定されること。とはいっても、「NOを言えない関係」も不健全ですよね。

コツは、ダメ出しを「ダメ出しだ」と思わせないよう、上手に伝えることでしょう。

冗談交じりに言ったり、あまり理屈をこねず、次の一歩のための簡単な提案をしたり、などの方法を取るのがオススメですよ。

行き先を決める時に彼任せ

3回目のデートの行き先を、彼任せにすることで、ドン引きされてしまう女子。

2回目までのデートは、「次は私か、彼の行きたいところにしよう!」という感覚で、行き先が決まるでしょう。

3回目以降は、二人で話し合って行き先を決めるか、どちらかの強い希望に基づいて行き先が決まると順調ですよね。

でも、この時、何も提案しない「受け身女子」でいると、彼の愛が冷めてしまいかねません。

男子は、彼女がワガママすぎても嫌ですが、主体性がなさ過ぎてもイラっとするもの。

「何でもいいよ」と彼任せにするのではなく、普段から行きたいところを探してリストしたり、2回目のデートで次にどこに行くかを話し合ったり、などとしておきましょう。

「3回目ジンクス」を気にしすぎ

「3回目のデート」で彼氏を幻滅させる女子の行動4つ

2回目まではおあずけにしていたハグやキスなどを、3回目のデートでする、といった「3回目のお約束」があります。でも、これを気にしすぎている女子は、彼に幻滅されかねません。

「3回目なのに、何もアクションがもらえず終わりそう…」
デートの終わりにそんな不安がよぎり、その場でぶちまけてしまうのは、悪い印象を与えかねません。

お約束を気にしていない彼に、「すべきことがなされていない」という理由で責めたり、「私に魅力がないっていう意味なの?」と騒ぎ立てたりするのは、いかがなもの。

男子にだって、体調面などから、気分の乗らない日はあるはずです。

長く愛されるためには、彼のペースを考えてあげられる彼女になりましょう。

堂々とスッピンを見せてしまう

進展の早いカップルだと、3回目のデートで、おうちデートするのも多いはず。それが、お泊まりになることもあるでしょう。

スッピンを見せる時に堂々としすぎていると、「慣れてきたからもう女を捨てるわよ」という意思表示に見えて、彼を幻滅させるかもしれません。

これは、「お互い素のままで愛し合うべき」「カップルで隠し事はすべきではない」といった信条を持っている女子がやりがちです。

彼にいつまでも「女」を感じさせ、恋し続けてもらうためには、「スッピンを見せるのは恥ずかしいけど……」とするのがいいでしょう。

長続きの秘訣は「毎回出会った日の気持ち」

恋人からパートナーになるにつれ、お互いに、ときめきは薄れ、腐れ縁のようになっていく、というイメージを持つ人が多くいるかもしれません。

でも、円満に長続きしているカップルは、いつまでも相手に愛し愛されることを大切に思っているもの。

そのため、デートがたとえ10000回目になろうと、毎回出会った日の気持ちでいるように心がけているそうです。

「好きだよ」「愛してるよ」といつまでも言い続けたり、デートの時は必ずおしゃれをしたり、そのモチベーションをキープするには、まず自分自身が「女」を楽しみ続けられることが大切。

時代と共に、お洒落やメイクをどんどん新しいものに更新していきましょう。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)