「好きだよ」とは言われたけど「付き合おう」とは言われていない。

そんな状況で流されて体の関係を持ってしまったら、“遊び相手”確定!?

お泊り後から彼の態度が冷たくなったら、不安でたまりませんよね。お泊りした後の行動で男心を揺さぶる方法を解説します。

「遊び相手」候補から本命へ!お泊り後の行動で男心を揺さぶる方法

自分から「遊びじゃないよね」とは聞かない

もし、お泊りした後に彼からのLINEが来ない場合や連絡が減った場合には「このまま音信不通になってしまうのでは?」「本命の彼女ならもっと連絡するはず」と、どんどんネガティブな方に考えてしまうことでしょう。

でもそこでやりがちなのが「遊びじゃないよね?」「私たち、付き合ってるんだよね?」と念押ししてしまうこと。

これをされると、もし彼が本当に遊びの気持ちだった場合も、迷っていた場合も、逃げたい気持ちでいっぱいになってしまいます。

彼が本気だったとしても「この子ちょっと面倒かも?」と引いてしまうきっかけになりかねません。

だから、この質問は聞いても仕方がないのです。

それよりも、彼から次に誘われたら泊まらない、関係は確認しないけど体の関係は拒否して笑顔でかわすなど振り回しましょう。

2回目が簡単に手に入らなければ、男性も焦って本気になります。

次の約束を焦らない

彼から「次いつ会える?」という約束がないと、「もう連絡が来ないのかも」と不安になりますよね。

でも、それって完全に彼を追いかけてしまっている状態です。

本来男性は、追いかけるのが好きなのに追いかけられてしまう状況では相手に魅力を感じにくいのです。

ここでオススメなのが「昨日はありがとう。楽しかった」などと可愛らしく置き手紙を残しておいて、そこからぷっつり連絡をしないこと。

こちらから何も聞かないでいると彼のほうが「あれ、彼女はいったい何を考えているんだろう?俺こそ遊ばれてるのかな?」と不安になります。

だから、彼から連絡がなかったらこちらから連絡をせずに、“楽しそうに過ごす”のがポイント。

「遊ばれてしまったかも」と被害者意識でいっぱいの女性と、「好きな彼とお泊りできて幸せだった」と楽しそうに過ごしている女性、どっちと会いたくなると思いますか?

次に会って責任を問い詰められることがなさそう、楽しく会えそう、という雰囲気を作っておくことはすごく大事です。

「彼が何を考えているか」を考えない

不安になっているときの女性が考えるのは「彼はなぜ連絡をくれないんだろう」ということ。

でも、彼の考えは彼にしか分かりません。そこを推測しても答えは出ないのです。それよりも、「自分がどうしたいのか」が大事ですよ。

彼のことばかり考えていて、生活のすべてが彼一色になってしまうような女性で自分は満足なのか、そんな人生で良いのかを立ち止まって考えてみて。

そうすると、自分を不安にさせるような男性ではなく、もっと大事にしてくれる男性に愛されたいという気持ちが出てくるかもしれません。

彼が何かをしてくれたら幸せになる、ではなく自分で自分を満たすことを先に考えたほうがいいのです。

時間が経ってからふつうに連絡するのが正解

彼のことを気にせず、自分で自分を楽しくさせることを意識して生活していると、彼のことばかり考える生活ではなくなっていくはず。

不思議なことに、楽しそうに生活していると彼のほうからまた追いかけてくることが多いのです。

追いかけるより、「追いかけられたくなる女」を目指しましょう。

その状態で時間が経ってから堂々と連絡すれば、彼も「会ったら楽しそうだな」とドキッとするはずです。振り回されるのではなく、振り回す女になりましょう。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)