日常生活の中で、仕事や生理などが原因となりイライラしまったせいで、恋にまで支障が出てしまい破局してしまった……。

そんな経験がある女子もいるのではないでしょうか?正直、ストレスのせいでうまくいく恋もうまくいかなくなってしまうこともあります。

そこで今回は、彼と不仲にならないために、日常生活の中で心がけたいことをご紹介。

恋愛に直接関係はないかもしれませんが、意外と影響を及ぼしている部分もあるようです。

彼と不仲にならないために「日常生活」で気をつけたいこと

健康的な生活を心がける

忙しくても健康的な生活を心がけたほうがいいです。睡眠時間が短かったり、偏食したりと不健康な生活では、もちろんのこと心身ともに不健康に。

そうなれば情緒不安定になり、ちょっとしたことで不安になったりイライラしたりと、感情の起伏が激しくなり、対人関係にもヒビが入りやすくなります。

そう、不健康な状態で恋をしても続きにくいということ。

自分のメンタルの不安定さで恋が壊れてしまうこともあるので、まずは健康的な生活を心がけましょう。

こまめにリフレッシュ

健康的な生活を送っていても、仕事や人間関係で疲れたり悩んだりして、ストレスがたまることもありますよね。

そのストレスを溜め続けてしまうと、身近な人に八つ当たりしてしまったり、大事な人を傷つけかねません。

できる限りストレスはこまめに発散させましょう。ストレスって知らぬ間に溜まっていたりしますから、週に一度は自分なりにリフレッシュ。

例えば友達とスイーツを食べに行くとか、泣ける映画を観ておもいっきり涙を流すとか、マッサージを受けに行くとか。

「楽しかったー!」「あースッキリした!」と思える時間を作った方がいいです。

生活のメインを彼氏にしない

彼と不仲にならないために「日常生活」で気をつけたいこと

彼のこと好きすぎて、関係が終わってしまうということありますよね。

そう、好きすぎる状態って危ないです。心に余裕がないというか、視野も狭くなっていたり、待つことすらもできなくなっていたりして自爆しやすい状態。

好きすぎて毎日がハッピー!

というのならいいのですが、「なんで彼は返信が遅いの?」「もっと会う時間作ってくれてもいいじゃん!」と好きすぎるがゆえにモヤモヤ・イライラしてしまうのなら危険。

大好きな人と交際できるってホント素敵なことなのですが……恋以外にも興味を持って、彼氏メインの生活にしないようにしましょう。

多少のことは大目に見る

完璧主義だったり、譲れないことが多すぎると、どうしても彼に対し小言が多くなってしまいがち……。

彼との関係を壊したくないのなら、多少のことは大目に見る寛容さも大事です。

「なんでわかってくれないの?」「なんでこんなこともできないの?」ではなく「まぁ、しょうがないか」という気持ちを忘れずに。

“諦める”というと言葉が悪いですが……きつく咎めたてず、ありのままの彼を受け入れる余裕がないと交際って続かないですよ。

どう頑張っても、彼はあなたの思い通りにはならないんですから。

破局の原因を自分で作っていることも

好きな相手と付き合っているのに、恋が壊れるということは必ず何か原因があるんです。

必ずしも自分だけの原因ではないですが、自分が原因ということもありますからね。

ご紹介したことができていないという人は、ちょっと気をつけたほうがいいかも。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)