ドキドキするような刺激的な恋愛、ゆっくりと落ち着いた安定感のある恋愛…気になる彼は、はたしてどんな恋愛をするのでしょうか。

今回は男性の12星座別に、恋愛した時に刺激派なのか安定派なのかを占ってみました。

ぜひチェックしてみてくださいね。

おひつじ座(3/21~4/19)…情熱的な刺激派

おひつじ座の男性は、基本的に自分の気持ちに正直で情熱的です。

好きになった相手には猛アピールをし、その状態のままで恋愛をしていくため、安定した恋愛よりもちょっと刺激がある恋愛状態に自然となっていくのです。

ドキドキする恋愛が続くタイプと言えます。

おうし座(4/20~5/20)…落ち着いた安定派

自分が好んだ物に囲まれていたい、落ち着ける場所が大好きなおうし座の男性。

情熱的で派手な恋愛は苦手で、安定した恋愛をゆっくり進めていくんです。

女性に振り回されるような恋愛になると、途端に気持ちをなくしてしまうので、気をつけましょう。

ふたご座(5/21~6/21)…ツンデレの刺激派になる

コミュ力が高く社交的なふたご座の男性。

交友関係が広く、親しみやすいと思われがちですが、実は一定の距離感を上手に保っています。

しかも気まぐれなので、頻繁に会う時期もあれば、そうでもない時期もあるでしょう。

ツンデレな刺激派の恋愛タイプです。

かに座(6/22~7/22)…穏やかな安定派

情が深いかに座の男性は、安定した恋愛以外はしないでしょう。

お付き合いした女性とは家庭的な雰囲気の恋愛になりがちで、刺激は全くありません。

穏やかで安心できる恋愛を求める女性には、理想的な男性と言えそうです。

やや優柔不断なところは目をつぶって。

しし座(7/23~8/22)…追いかける刺激派

情熱的なしし座の男性は、ズバリ刺激派です。

好きな女性には猛烈アピールしますが、そこで安定した恋愛になってしまうと、一気に気持ちが冷めてしまうところがあります。

映画やドラマみたいな恋愛に憧れていることもあり、余計に刺激的な恋愛になってしまうのです。

おとめ座(8/23~9/22)…刺激も好きな安定派

几帳面で理論的なおとめ座の男性は、恋愛すると献身的に相手に尽くす傾向があるでしょう。

だからといって安定した恋愛をするかと言えば、少し違います。

根がロマンチストなので、どうしてもドラマティックな恋愛を求めがちなのです。

やや刺激寄りの安定派になります。

てんびん座(9/23~10/23)…平和主義の安定派

穏やかで社交的なてんびん座の男性。

人当たりも良くモテ傾向があるため、恋愛星座とも言われています。

ただ、平和主義なところがあるため、ケンカや揉めごとが多い恋愛は苦手。

もちろん、振り回される恋愛になればスッと離れていきます。

恋愛は安定派なのです。

さそり座(10/24~11/21)…隠れ刺激派

隠し持っている愛情が深く、実は情熱的なさそり座の男性。

愛情が深いだけに、独占欲は強めです。

また、奥手なために自分からアピールすることは滅多にありません。

ただ、マニアックな探究心やミステリアスな雰囲気を求める傾向が強く、その点では刺激派と言えるでしょう。

いて座(11/22~12/21)…自由奔放な刺激派

独立心が強く情熱的で、これと思ったことはやらないと気がすまないいて座の男性は、立ち止まらず前に進むことを好みます。

恋愛傾向もまさに「自由奔放」。同じデートコースや、パターンが同じなデートプランは苦手です。

いつもワクワクしていたい恋愛刺激派と言えます。

やぎ座(12/22~1/19)…安定を求めすぎる安定派

堅実でマジメ、さらに石橋を叩いて壊すほどの慎重さがあるやぎ座の男性。

恋愛すると、良好な関係を維持するための努力をします。

でもそれだけに、振り回す女性は苦手。

お互いに尊敬し合う落ち着いた恋愛が理想で、実際に安定した恋愛ができるようにがんばるでしょう。

みずがめ座(1/20~2/18)…自由な安定派

異性同性の区別なく、誰にでもフランクなみずがめ座の男性。

恋愛中も。自由を大切にしたいと考えています。

「浮気されているかも」「追いかけなきゃいけないの?」と不安や疑問を抱くような恋愛は苦手で、ベタベタしない程よい距離感の安定した恋愛をするでしょう。

自由な安定派です。

うお座(2/19~3/20)…スパイスな刺激派

末っ子気質の甘えたがりなうお座の男性。

自分の中に「理想の恋愛」を持っているものの、「好きになった人が理想の人」という流されやすさがあります。

ただ、恋愛をすると一途で、障害があればあるほど燃えるところも。

刺激がスパイスになる、まさに刺激派なのです。

さいごに

気になる彼は刺激派でしたか?

それとも安定派でしたか?

相手の恋愛傾向に合わせることも、恋愛を長続きさせるコツです。

とはいえ、無理をしてはいけません。

あなたらしく相手に合わせていきましょう。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)