交際が始まったなら、できるだけ関係を長続きさせたいですよね。

今回紹介するのは、心のなかでいつも思っていることを言葉にするだけで、関係を長続きさせることができるというものです。

あなたもぜひ活用してみませんか?

交際後こそ活用! 関係を長続きさせるセリフ4つ

「でも、無理しないで」

彼のことを応援してあげたい!

でも、無理をしてほしくない……そんなことってありませんか?

そんなときには「でも、無理しないでね」と伝えるだけで、彼は心が温かくなるはずです。

このセリフは、彼がなにかしてくれるときにも大活躍。

たとえば、彼が重いものを運んでくれたり、タイムスケジュールがタイトななか、なにかを手伝ってくれたりしたとき……。

「いいの!? ありがとう! でも、無理しないでね」と、気遣ってくれる彼女であれば、彼もずっとそばにいたいと思うはずですよ。

「○○くんと行きたい」

付き合っているならデートも日常。

ふたりでどこかに行ったり、遊んだりが普通のことになっているかもしれません。

それでも、行きたいところがあるのであれば、「○○くんと行きたいな~」と、言葉で伝えてみてください。

「一緒に行きたい」「一緒にしたい」と伝えれば、改めて、彼のことを特別な存在として想っていると伝えることができます。

「一緒に行きたいな~」→「いいよ? いつがいい?」と返してくれたら、「やったー!」「たのしみー!」と、喜びを表現することもお忘れなく!

「○○ちゃんも誘っていい?」

必ずしも、ふたりきりのデートだけが、お付き合いを長続きさせるとは限りません。

みんなで行けそうなところなら、「○○ちゃんも誘っていい?」と、グループでのおでかけを提案してみませんか?

ふたりきりのデートばかりだと、1対1の彼しか見ることができませんが、グループでのおでかけなら、みんなのなかでの彼を見ることができます。

頼りになったり、気遣いができたり……。

いろんな一面をみることができますし、みんなのなかでの自分も知ってもらうことにもできます。

結果的に、いろんな角度でお互いを知ることができ、関係を長続きさせる助けとなるのです。

「気を付けなきゃね!」

彼が何かを失敗したり、忘れていたり、ミスをしたり……。

なにかトラブルがおきたときには、「気を付けなきゃね!」と、ふたりの問題として扱ってみてください。

自分が失敗しようと相手が失敗しようと、一緒に次から気を付けようね、という姿勢がフェアな恋愛にしてくれて、関係が長続きしやすくなります。

相手に原因があるとしても、相手だけを責めないように意識してみませんか?

おわりに

付き合う前はよく言っていたのに、付き合ってからは言ってなかったかも……、なんてセリフはありませんでしたか?

付き合ったあとも、むしろ恋人同士になったからこそ、より特別な存在となるものです。

ひとつひとつの感情や時間、イベントを大切に……。

まずはこの意識から始めてみませんか?

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)