なにごともスタートはとても肝心。

家を建てるときにも、土台作りがしっかりしていないと、丈夫な家は完成しません。

男女の交際においても長続きするかどうかは、付き合って3ヶ月目くらいまでの行動によって大きく変わるものです。

信頼を深めるために、どんなことができるでしょう?

長続きのために! 付き合って3ヶ月目までにしたいこと

自身の機嫌≧彼の機嫌

相手に気持ちよく過ごしてほしい、彼の笑顔のためになにかしてあげたいと思うのは、間違いではありません。

とはいえ、そればかりが気になって、彼のご機嫌をとるためだけに行動してしまう……となると、それはNG。

まずは、自分が爽やかに気持ちよく、自然体で彼と一緒にいられる関係を目指してみてください。

ここで無理をしていると、いずれ耐え切れなくなってしまいます。

付き合いたてだからこそ、「無理をしない付き合い方」を確立するのが大切。

彼とやり方が違う、考え方が違うと感じたときは「あ、そうなんだ? 私は○○なほうがいいんだけど、どうする?」と、明るく話し合う習慣をつけましょう。

こうしておけば、いい距離感で付き合い続けられるはずです。

してほしいこと聞く・伝える

もしかすると彼氏のほうも、「彼女の機嫌を損ねたくないから……」と、本当はしてほしいことを言えずにいるかもしれません。

「どうしたら嬉しい?」と聞いたり、「○○と○○だったら、どっちが好き?」と、選択式で、彼のしてほしいことを尋ねたりしてみてください。

また、こちらがしてほしいことも同様。

遠慮なく伝えることで、彼自身も自分のしてほしいことを伝えやすくなるという効果があるのです。

お互いのリクエストはいつでもいってOK! という雰囲気を作り出すことができれば、自然に長続きの土台を作っていけるはずですよ。

彼が好きなことをたくさん見つける

彼の喜ぶことをたくさんしてあげたい! というのは当然の気持ちです。

かといって媚びるのはNG。

その代わり、彼の好きなことをたくさん見つけるよう意識してみませんか?

食べ物、遊び、デート、会話、雰囲気、ファッション、エッチなことも……。

もちろん、好きなことを見つけたなら「あ、○○好きなんだ。いつか一緒にしてあげよ!」と、この先のお楽しみにとっておくのもアリ。

付き合って3ヶ月の間は、彼に好かれる努力ではなく、彼の「好みの傾向」をしっかり把握することに努めてみてください。

いろんな質問をしたり、趣向の違うデートにチャレンジしたりすれば「彼の〇〇っていいな」と自分自身の気持ちを大切にできるようになります。

そして、自然と彼を喜ばせる術を身に着けられるはずですよ。

別れを受け入れる覚悟も必要

考えたくないことですが、100%上手くいく保証のある交際なんてどこにもありません。

20、30代での交際ともなれば、結婚できる相手かどうかを、真面目に見極める期間にもなります。

別れるのが最適だと彼が判断した場合には、感情やプライドで、別れを拒むのではなく、受け入れる覚悟も必要ですよ。

これは、お互い大切にしているからこその覚悟。

むしろ、この覚悟があるからこそ、ふたりの毎日を大切にできるのではないでしょうか?

おわりに

早めに信頼関係を築いて、冷静に話し合って解決する習慣をつけることは、長続きをさせるのに必要不可欠なこと。

自然体で、心を広く・軽く、密なコミュニケーションを意識していきましょう。

自分の体のように彼を大切にすることで、しっかりした土台を築くことができるはずです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)