好きな人とはずっと繋がっていたいと思ってしまい、ついLINEの画面を開いて文章を打っては消し、打っては消しをしてしまいませんか?

そして時には思い余って送信してしまうこともありますが、こうやって気分で送ったしまったLINEは、後から後悔することもありますよね。

そこで今回は、男子がつい送ってしまって後悔したLINEを聞いてみました!

男子が好きな女子に送って後悔するLINE

夜中に「ちょっと寂しい」

「夜書いた手紙は朝出せって言うじゃないですか。あれって本当ですね。

夜ってなんとなく寂しくなることが多くて、好きな子に『ちょっと寂しいんだけど』って送っちゃったことがあって。

次の日の朝まで返事来なくて失敗した!って後悔しました」(23歳/学生)

一人暮らしで眠れない夜を過ごした経験を持っている人も多いはず。意味もなく寂しい夜には誰かと会話したいって思っちゃいますよね。

でもまだ付き合ってもいない相手に「寂しい」と送ってしまうと、相手も返答に困ったかもしれません。

「今日仕事頑張ったんだぜ」

「見え張っちゃうっていうか、好きな子とLINEができるのが嬉しくて、なんでも良いから送りたくて、『今日、仕事頑張った』って自画自賛をしちゃって。

送った瞬間に、『ヤベー、カッコ悪い』って思ったけど、すぐに既読ついて後の祭りでした」(25歳/IT)

好きな人に良いところを見せたいとか、褒めてもらいたいというのは男の人も同じ。

ですが、自分で自分を褒めるような内容は、ちょっと幼稚に感じられるかも。

自分頑張った系の発言は、仲がかなり良くなってからでないと誤解されてしまいそうです。

「可愛いから大丈夫!」

「気になってた子がストレスで暴飲暴食して太ったーってLINEしてきたんです。

だからとっさに『○○ちゃんは可愛いから大丈夫だよ』ってフォローしたんですけど、後で恥ずかしくなって。だって告白みたいじゃないですか?」(27歳/広告)

LINEはほとんどリアルタイムで会話ができるのが魅力ですが、すぐに返信しなければという焦りもあり、つい本音を書いてしまうことも……。

もちろん可愛いと言われれば嬉しいでしょうが、恋愛対象外だった場合にはちょっと距離を置かれてしまうかもしれません。

「別に、気になんないし」

「好きな子がSNSで別の男のことをメッチャ褒めてたんです。

それについてLINEで書いちゃって。そしたら相手が『あれ~?妬いてるの?』とか送ってきたので、『別に、気になんないし』ってツンデレみたいに書いちゃって、恥ずかしくなりました。

完全に気にしてるやつの発言ですよね」(25歳/ゲーム)

ある意味わかりやすくて可愛いとも感じませんか?

でももしかしたら相手の女性は、男性からの好意に気づいていてわざと試すような行動をとったのかもしれません。

おわりに

好きな人の前では緊張して、つい本音がポロリとこぼれてしまうのは仕方がないこと。

相手が恥ずかしそうにしていたら、あえて触れないようにしてあげるのも優しさかもしれません。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)