敬遠する女子も多い「マッチングアプリ」。

危険なものに思われがちですが、きちんとリサーチすれば、出会いの数を増やすことは可能です。

でもそんな中にも地雷のように変な男が潜んでいるもの……。

女子がアプリで見つけたやばい男とは?

つかまらないよう注意!マッチングアプリで遭遇したやばい男

バレバレの既婚者

「顔が超タイプで、話の合う彼とマッチング。
実際に会っても印象がよく、付き合うことにはなったのですが、なんか行動が怪しい。

22時半には帰りたがるし、一人暮らしで残業も多いのに、家が会社から1時間半はかかる郊外。
そもそも、プロフ写真を撮っている自宅の洗面所も、ファミリー物件のものだと思うし……。

ある日、コンビニで彼が『これで払って』と財布ごと渡してくれたのですが、小銭入れに結婚指輪が。
女を騙そうとするわりに、細かい設定が雑なんですよね……。馬鹿すぎる」(30歳・女性)

アプリにいるからモテないとは限りませんし、自分の生活ペースを大事にする男性も、郊外に住んでいる独身男性も多いです。

でも、それらの条件を全部兼ね備え、アプリでばかり出会いを求めている……。

そんなタイプは、既婚者である可能性を疑ってみてもいいでしょう。

タイプの人に限らず、いろんな男性のプロフィールを熟読したり、隅々まで写真をよく観察することで、怪しい男性を見抜く目が育つかもしれません。

モテなさすぎてしつこい

「アプリの人と会ってみたら、写真と全然違うタイプの人が来てがっかり。
男性も写真の加工をするんですね。

最低限、1次会だけは普通に過ごすのがマナーだと思いましたが、さっさと切り上げる作戦に。
でも、相手は結構お酒を飲んでて『タイプなんだよ、帰らないでよ』って本当にしつこい。

全然違う方面に住んでいるのに、私の家の沿線までついてくるので、関係ない駅で、ドアが閉まる直前に私だけ電車から飛び降りて逃げました。
気持ち悪かった……」(27歳・女性)

普段モテないので女子とデートすると舞い上がってしまい、結果しつこくしてしまう男性もいます。

このタイプの男性は、女子にやさしくされるだけで「脈あり」と勘違いしてしまい、既成事実を作って彼氏彼女の間柄に持ち込もうとすることも……。

このケースでは後日「調子に乗ってしつこくしてごめんなさい」と謝られたそうですが、アプリ経由での初デートは「日中のお茶」など、短時間にするのも無用な勘違いを防ぐコツといえそう。

「使い方よくわかりません!」

「アプリの男性って、顔がかっこいい人に限って『使い方がよくわかりませんが、よろしくお願いします!』って書いてるんですよ。

でも、私でさえわかるような簡単な使い方なのに、お金を払って登録している男性が調べもしないわけないですよね。
35歳とかでも言ってる人いるのウケる(笑)
慣れてるとか必死と思われたくないんでしょうが、頭が悪そうだなと思ってスルーしてます。

どこかに『好印象のプロフ』みたいなテンプレがあるようで、似たようなプロフ文面の男性がいっぱいいます。
素が見えなくて怖いですよね、全部が嘘っぽい。
あれを避けるだけで、変な人には会わずに済むと思いますよ」(24歳・女性)

アプリに詳しくない=遊んでいないアピールのつもりかもしれませんが、調べればわかることを「わからない」と言い張る男性に魅力を感じる女子は少ないはずです。

アプリのイケメンがいう「使い方がよくわからない」の真意は「突然音信不通になったり、都合が悪いとメッセージを返さなくなります」かも……。

「わからないからできない」と開き直るつもりかもしれませんよ。

出会う数が多い=見る目を磨ける

こうしてみると「アプリは変な男ばかり?」と感じますが、違います。

出会う数が多い分、変な人の数も増えるというだけのこと。

アプリでは、女子の立場が圧倒的に有利。

出会いの多さを生かして、見る目を磨きましょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部))