恋愛ってホントに、なにがきっかけでいい方に転ぶのかわからないので、「脈あり」とか「脈なし」などとひとりで悩まないほうがいいです。

がしかし、そうは言っても悩んじゃいますよね。

どうせ悩むのなら上手に悩もう!

ということで今回は、男心をもとに「女子が勘違いしている男子の脈なし言動」に迫ります。

あなたが夜ごと、暗がりのベッドの中で「彼とは脈なしかぁ」と涙で枕を濡らしていたとしても……それ勘違いだから!というのを4つご紹介しましょう。

LINEの既読スルーは脈なしではない!女子が勘違いしている男子の「じつは脈あり言動」とは?

1:LINEの既読スルーは脈なしではない!

彼の気持ちがわからないという主旨の相談にわりとよく書き添えられているのが、「彼からのLINEの返信は遅いから、彼とは脈なしだと思う」という女子のコメントです。

男子は、脈なしだから返信が遅いとは限らないのです!

たとえば、仕事ができそうなルックスなのに、じつは仕事ができない男子は、返信が遅いです。

好きな女子に対する返信であろうと、仕事のメールの返信であろうと、仕事ができない男子は返信が超遅いのです!

相手の気持ちを察して「ちょっと忙しいから、落ち着いたら返事するから待ってて」とLINEすればいいのに……。

あるいは、女子のように「恋愛脳」が発達していない男子は、女子がなにを考えているのかをさっぱり理解していないので、平気で何日も返信しません。

5日くらい経って「そういえば、そろそろ返信したほうがいいかなあ」と思うのです。

2:男子からデートに誘わないからといって脈なしではない!

好きな女子(付き合いたい女子)を自分からデートに誘える男子は、男子の人口の3割もいないでしょう。

たいていの男子は「誘って断られたら傷つくなあ」と思うのもの……。

あるいは、「誘ったことで俺が彼女のことが好きというのがバレてしまったとき、じつは彼女は俺のことが好きじゃなかったら恥をかくなあ」と思っているのです。

デートに誘われないからといって脈なしではない!ということですよ。

3:男子から手を出してこないからといって脈なしではない!

たとえば、それなりにいい関係になって、彼女が自分の部屋に彼を招き入れたとしましょう。

朝までふたりきりでいたにもかかわらず、彼が手を出してこなかったとなれば、女子はきっと「脈なしなのかなあ」と思いますよね?

いいえ、脈ありです。

彼は「このタイミングで手を出したら身体目当てに思われるからイヤだなあ」と思って手を出さなかったのですよ。

4:会話が盛り上がらないからといって脈なしではない!

告白してもらいたい男子とふたりきりで話をしても、会話が全然盛り上がらないと「脈なしなのかなあ」と思いますよね?

いいえ、脈ありです!

あなたが「告白されたい」と思っている気持ちを、じつは彼は気づいているんですよ。

彼が気づいたらどうなるかといえば、彼は妙に自意識過剰になってしまい、緊張します。

場合によっては挙動不審に……。

そのような人が、どうして会話を盛り上げることができるというのでしょうか?

難しいでしょう?

おわりに ~では女子はどうすればいい?~

じつは脈なしではない男子の言動を4つお届けしました。

どれも、男子に好意的にいえば、男子が本来的にもつ不器用さが原因で、女子に「脈なし」と誤解を与えてしまっていることが、お分かりいただけましたか。

では女子はどうすれば、好きな男子と付き合えるの?という点に、最後に触れておきたいと思います。

1つは、恋多き女子がやっているように、自分から彼を食事に誘うなど、自分からいくことです。

それができないのなら、まずは彼に親切にしてみてはいかがでしょうか。

好きとかそういう恋心はさておき、まずは人として彼に親切にすること。

あなたが「恋」を意識しているのが彼に伝わってしまっているから、彼の中から不器用さが出てしまうのです。

まずは人として彼に親切にしているうちに、また新たな展開が生まれますよ。

無責任な言い方に聞こえるかもしれないけれど、恋愛慣れしていない多くの男子に効くのは、「恋の」ではなく「人としての」親切心だったりするのです。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)