彼氏が心配性で困ってしまうという女性はいませんか?

ある程度、やきもちを焼いてもらえるとうれしいものですが、度が過ぎると疲れてきてしまうこともあります。

彼の束縛が激しかったり、過保護過ぎて自由がなかったり…。

そこで今回は、そんな男性を安心させる対処法をご紹介します。

心配性の彼に疲れる…そんな彼を安心させる対処法4つ

欠点を褒めて自信を持たせる

心配性な人というのは自分に自信がなく、「浮気されないかな?」と不安に思っていたり、「もっといい男が出てきたときに振られないかな」とまだ起こってもいないことを心配していることがあります。

そこで、そもそもの原因である自分に自信がないという部分を改善してもらうことで、心配性を克服してもらいましょう。そのためには相手の欠点を褒めることが有効。

例えば、内向的な性格の人に対して「深く考えることができる人」と表現したり、消極的な部分を「慎重で信頼できる」と言って上げたりすると自信を持たせることができます。

不安にさせる行動は控える

そもそもの原因が男性ではなく女性にある場合もあります。

例えば、自分という彼氏がいながら頻繁に飲みに行っている。友達に「もっといい男いないかな」とつぶやいていたという場合、男性も不安になってしまいます。

そのため、男性を不安にさせる行動は控えることもポイント。

上述した内容は極端ですが、長時間、連絡を取らない、既読スルーをしてしまう、露出度高めのファッションが好きという場合もNG。

せめて、彼の前ではそういった行動は控えるといいでしょう。

相談する形で彼に解決策を考えてもらう

今度は相談する形で解決策を考えてもらうという方法をご紹介します。

例えば、仕事の飲みがあって、出席しなければならない。しかし、彼にそのことを伝えると束縛が始まったり、心配してしまいそう…。

そういう場合、「来週の日曜に会社の飲み会があるんだけど、参加したら心配?でも、部署異動してきた人の歓迎会だから、顔を出しておきたいんだ」というように、最初に彼を気遣うようなセリフを持ってくると、彼もあまり心配にはならず、気持ちよく送り出してくれるでしょう。

二択を迫って彼に決めさせる

心配性の彼に疲れる…そんな彼を安心させる対処法4つ

次は二択を迫って彼に決めさせるというパターンをご紹介します。

要するにこれは、「会社の飲み会があるんだけど行くのは諦めた方がいい?それとも飲み会の後に無事に家に着いたメッセージをすればいい?」と彼に選択を迫ってみましょう。

ポイントは、「OKか、ダメか」ではなく、「行ったらダメ?、それともこうすればいい?」と行く場合の条件を提示して聞いてみること。

彼を気遣っているという部分をアピールできるので、彼も納得してくれるはず。

ポイントは二択を迫って彼に決めさせることで、「自分で選んで彼女を飲み会に行かせた」と思ってもらうこと。そうすれば束縛も落ち着くはず。

ちなみにBYAFメソッドといわれるものもおすすめ。これは「But you are free」というセリフを最後につけるテクニック。要するに“どうするかは、あなたの自由”ということ。

具体的には「あんまり心配されすぎると、私もつらくなっていっちゃう……」と伝えてみましょう。

こうすることで、「あなたがどうするかはあなたが決めて」と暗に伝えることができます。

伝え方を工夫するだけで印象も激変!

今回は心配性な彼を安心させるテクニックをご紹介しました。

彼の心配性を第三者が直すことはとても難しいもの。しかし、伝え方を工夫するだけで、心配性な彼を落ち着かせることはできます。

ぜひ参考にしてみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)