突然ですが、自分の恋愛傾向を知っていますか?

恋愛の仕方というのは人それぞれ。自分がどんな恋愛をしているのか理解していないという人も多いでしょう。

自分を知ることで、どんな恋愛を求めているのか。どんな人と相性がいいのかを知ることができます。

今回は6つに分類してご紹介します。

自分の恋愛傾向を理解してる?過去の付き合いからみる恋愛スタイル

ロマンスこそ恋愛

まず1つ目は恋愛にロマンスを求めるタイプ。

異性の外見にこだわりを持ち、少々エロティックな恋愛を好むのが特徴的。

2人の間に少しくらいの障害がある方が燃え上がります。ときに、駆け落ちをしてしまうくらいの行動力を発揮することも。

常に恋人を身近に感じたいと思っており、絆の深さを求めがちです。

駆け引きが楽しさのピーク

次は恋愛の駆け引きを楽しむタイプをご紹介します。

このタイプは付き合う前の男女の腹の探り合いが大好きで、相手と付き合えた瞬間に少し恋愛熱が冷めてしまうことも。

複数の相手に恋愛感情を持つこともあり、振られても相手には執着しないのが特徴的。すぐに切り替えて他の異性を狙います。

ロマンスを楽しむタイプとは相性がイマイチです。

友達のような関係が理想

恋愛とは友達のような関係が理想というタイプも存在します。

このタイプは一目惚れや出会った瞬間に恋に落ちるような恋の始め方はせず、まずは友達として付き合い、徐々に相手の人柄に惹かれていく傾向にあります。

ロマンスタイプからするとちょっと物足りない相手に映るかも。

嫉妬や束縛こそ恋愛の本質

自分の恋愛傾向を理解してる?過去の付き合いからみる恋
愛スタイル

恋愛をすると嫉妬深くなってしまうタイプもいます。

このタイプは異性に対して悲観的で、「男はみんな浮気する」など思い込みに縛られていることも。

相手に対して依存心が強く、愛情を確認できないと不安になってしまうために束縛しがち。

駆け引きを楽しむタイプの人を好きになってしまうと、どんどんネガティブになっていってしまうかもしれません。

石橋は叩いて壊すまで動かない

今度は付き合うまでにすごい時間をかけ、両思いであることに確信が持てるまでは動かないというタイプをご紹介。

相手が自分に対して好意を見せても「誰にでも同じ対応をしているはず」と行動を起こす前に答えを出してしまいがち。

好きな人ができたり、恋人ができると人一倍真剣に恋愛と向き合う真面目さを持っていますが、行動に移すのはかなり遅いためチャンスを逃してしまうことも。

尽くすことこそ愛の証明

次にご紹介するのは、好きな人や恋人ができると相手に尽くすことで喜びを感じるタイプ。

金銭的にも肉体的にも無理をしてしまうくらい、相手に対して献身的。しかも、見返りを求めません。

そのため、ダメンズと付き合ってしまうと大変。「別れた方がいい」という周りからのアドバイスがあるにもかかわらず、いつまでも付き合い続けてしまうという一面も。

駆け引きを好むタイプと付き合ってしまうと、いいように利用されてしまうことも。ロマンスタイプとは相性がいいでしょう。

好きな人のタイプを探って相性を確認!

今回は6つの恋愛傾向をご紹介しました。自分がどのタイプか分かりましたか?

好きな人がどのタイプか分かれば、恋愛の相性を確認することができます。

好きな人がいるなら、過去の恋愛のエピソードを聞いて、どのタイプか探ってみるといいかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)