「どこかに私のことを好きになってくれる男の子はいないかな」なんて思っているそこのあなた、実はあなたが気付いてないだけで、秘かに想いを寄せている男性がすぐ側にいるかも。

特に不器用系男子は、「え?それが好きのサインだったの?」とツッコミたくなるくらい、好きサインがわかりにくいもの。

さて、彼らの発するサインとは……?

いつも隣にいる

「社会人サークルの男子メンバーに、ある日突然告白された!まさか私のことが好きだなんて、そんな素振り見せたことがなかったのでびっくり。でも、いい人だったので付き合うことに。

先日『あなたが私のこと好きだってぜんぜん気付かなかった』ってふともらすと、『え、なんで?ずっと俺、隣にいたじゃん』って。思い返せばサークルのとき、確かにいつも彼は私の隣が定位置だったけど……わからんわ!」(24歳/女性/会社員)

「好き」と言葉にするのは難しい、ましてや、それとなく好意を表す術など持ち合わせていない。

でも、気付いてほしい、僕はずっと君の近くにいること……。不器用系男子の心情を代弁するとこんな感じでしょうか。

とにかく好きな人の近くにいる……それがせいいっぱいの愛情表現なんです。

否定しない

「好きな子が髪型変えたり、新しい服を着たりしてきても、他の男みたいに『すげ~似合うじゃん』『可愛い』なんて言えないし、うまい褒め言葉も見つからない。

でも、『似合う?』って聞かれたら『うん』って言うし、何か相談されて『~だと思うけど、どう思う?』と聞かれたら『それでいいと思うよ』って言ってあげてる。好きな子の全部を受けとめてあげたいから」(27歳/男性/IT関係)

上手い褒め言葉や、女性をいい気分にさせてあげられるような気のきいたセリフは言えない不器用系男子。

本当は褒めてあげたいし、好きな子を笑顔にできるような言葉を言ってあげたいけれど……。それができないから、せめて好きな子の言動はせめて受け入れてあげたい。

そんな思いから、彼らは好きな女性の言うことは、どんな無理難題でもすべて「YES」と答えるのです。

チラチラ見てくる

「会社の先輩は、めっちゃ塩対応。でも、やたらと目が合うというか、こっち見てくる。『何かマズイことしたかな……』と思ってたら、いきなり『ずっと好きだった』って言われてびっくり!」(23歳/営業アシスタント)

話せばすごく素っ気ないのに、やたらとこちらを見てくる……これは不器用系男子の最大級の「好きです」サイン。

面と向かって話すのはすごく恥ずかしくて緊張するから、やたらと冷たい対応になってしまうけど、気になるからついつい目で追ってしまう……というワケです。

目を凝らして見てみましょう

不器用系男子の「好きです」サインはわかりにくすぎるのが特徴。

気をつけてチェックしていないと、見逃してしまう可能性大!でも、彼らはきっと心のどこかで自分の気持ちに気づいて欲しい、と思っているはず。

あなたの周りに不器用系男子がいるなら、その言動に注目して見て。思わぬ恋がはじまるかも。

(愛カツ編集部)