お出かけも楽しいけれど、2人だけの時間を過ごせるお家デートも楽しいですよね。

でも、外でのデートとくらべて、お家デートはできることが限られてくるもの。

その結果、退屈なデートになってしまうことも……。

そこで今回は、楽しく癒されるお家デートするためのコツをまとめました。

おうちデート

お家ごはんは買い物から一緒に

お家デートでも、食事の機会って多いですよね。

家庭的な一面をアピールするチャンスですが、筆者のおすすめは、買い物から彼と一緒にでかけること。

新婚さんのような気分を味わうことができますし、「なに買う?」「どれにする?」といった何気ないやりとりは、2人の距離を縮めるきっかけにもなりますよ。

日常的な会話だからこそ、そのやりとりから「日常を共にする相手」という潜在意識が深まるものです。

試したことのない方は、一緒に出掛けてみてはいかが?

食事も一緒に作ると◎

手料理を振る舞うのも、もちろん正解!

でも筆者は、彼と一緒に料理することが多く、周りの女性にもそういった方をよく見かけますよ。

共同作業によって自然と連帯感が生まれ、自然と心の距離が縮まる気がするのです。

また、彼に味付けや仕上げなど、料理の大事な部分をお願いして彼に見せ場を作っておくと◎

お家のなかでも、彼が活躍できる場をつくって、彼のプライドを刺激していきましょう。

「かまって」は言わない

彼がスマホばかり見ている、本を読んでいるなど、お家デートのなかでも「かまってほしい」と思うことがあるかもしれません。

でも「かまって」を言うのはぐっと我慢。

男性の多くは「一緒にいる=かまっている」という認識を持っているので、「かまって」の言葉に疲れを感じてしまいやすいものなんですよ。

また、彼のペースを邪魔してしまうのも、「面倒な彼女」と思われる原因となるので、ここはグッと我慢して別のことをするか、可愛く甘えるか、別のセリフがおススメです。

彼の好きなことに興味を見せる

彼がゲームや読書に夢中…そんなときは「かまって」ではなく「それ面白い?」「私もやってみたい!」と興味を見せるのが◎

彼のやりたいことを邪魔しませんし、一緒の趣味ができることでお家デートがますます楽しくなります。

男性は、自分の好きなことに興味を示してくれる女性が大好き。

活用しない手はありませんね。

くっつきつつもお互いの時間を

お家デートは常に2人だけの時間。

でも、だからこそお互いの時間をそれぞれ楽しむ余裕も大切。

彼と家でいるときには、くっつきつつもお互いスマホをいじったり、読書したり……。

食事のときはおしゃべりして、お互い好きな時間を楽しむ時間もつくる。

こういったメリハリがつけられれば、居心地の良さにつながりますし「気を遣わなくていい相手」と心の距離も縮まるはずですよ。

筆者自身も、かまってかまってではなく、こういった時間を作るようになってから、彼と適度な距離を楽しめるようになった気がします。

おわりに

お家デートは、素が見える時間でもあります。

だからこそ着飾らずに素の姿を楽しむことが重要。

映画を見たり料理を楽しんだりするだけではなく、各々の時間も楽しむことで、居心地のよさを演出していきましょう。

それが男性にとっての理想の一緒の時間となり、理想の彼女となれるはずです。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)