付き合ってからお互いだらしなくなったとか、向上心が消えたとか……そんな落ちぶれた関係にはなりたくないですよね?

できれば一緒に成長できる関係でありたくないですか? 

その方が「付き合ってよかった!」と、彼との交際は正しい選択だったと思えるし、何かあっても簡単には別れようなんて思わないです。

そこで今回は、成長できる関係を作っていくために心がけたいことをご紹介。

長続きの秘訣!一緒にいて成長できる恋人関係を作っていくには?

一緒に新しい体験を積んでいく

関係が落ち着きすぎて新しいことを経験しなくなってしまうと、マンネリに拍車がかかります。

関係が落ち着いてきたとしても、一緒に新しい体験をしないと、新鮮さは保てないし、ふたりも成長しません。

新しい体験をしていかないと経験が増えないので、視野は広がらないし、知恵や知識も増えないし、物事を多面的に見れないです。

ふたりの世界にこもってルーティンな日々をただただ過ごし、成長が停滞してしまった状態では何かあった際、解決方法を見つけることができません。

それに、建設的な話し合いもできなかったりして、問題を乗り越えられなかったりします。

そのようでは関係も続きません。

面倒臭がらず、今の状態に安心しきらず、一緒に新しいことを体験して経験を積んでいきましょう。

お互い相手の新しい一面を見つける

自分自身が知らない一面を彼が見つけて褒めてくれたら、嬉しいし、自信もついたりするし、場合によってはそれを仕事に活かせたりしますよね? 

新しい経験も大事ですが、普段からお互い相手の良い一面を見つけ、褒めたり、尊敬したりすることも成長には大事ですよ。

自分でも気づかない長所ってちょっと知りたくありませんか? 

筆者、毎回、恋人ができてある程度(3ヶ月〜半年)経ったら、ドライブ中の時などに「私の長所5つ言って♪」と半ば強引に彼に言わせます。

最初は彼も「え…?」とびっくりするのですが、意外と自分で自覚してなかったことが彼の口から出てきたりして、面白いんですよね。(ちゃんと筆者も彼の長所言いますよ!)

長所を言われるとやっぱり嬉しいし、ちょっと照れるし、「そう思ってくれてたんだ」と愛おしくなるし、何と言っても新しい自分が知れて新鮮です。

提案・代案のない否定はしない

好きじゃない人から否定されても何とも思わないかもしれませんが、好きな人に頭ごなしに否定されたりしたら凹みませんか? 

しかも否定するだけ否定して、代案がなかったらちょっとムカつきません……? 

ふたりで成長できる関係を築いていきたいのなら、提案・代案のない“ただの否定”はしないことです。

彼の意見に同意できないのなら、単に「ダメ!」「無理!」と否定するのではなく、自分の考えも伝え、どちらかが我慢しなきゃいけない状況にならないよう話し合いましょう。

そのためにも、本音を言えるような雰囲気を作るのも大事です。

雑談というか、何気ない話なら気軽に話せても、本音とか、シリアスなことって話しにくかったりしますからね。

ピリピリした空気だと、言いたいことも上手に言えないので、少しでも言いやすいよう、雰囲気を柔らかくするべきですよ。

常に工夫と努力は必須!

関係の維持や成長する努力を怠ったら、関係は悪くなるばかり……。

関係が安定したからそれでよし!ではなく、成長するために工夫と努力は必要です。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)