彼氏にするのであれば、やっぱりちゃんとした“いい男”を選び抜きたいですよね。

見た目ばかりではなく、中身もしっかりとした男性なのかは、付き合う前に見極めておくべきでしょう。

そこで今回は、“本物のいい男”を見抜くポイントを紹介します。

彼氏にできたら最高!「本物のいい男」を見抜くポイント

まずは、受け入れてくれる

話をしたり相談をしたりしたときに、「それは全く違うね」とか「そうじゃないでしょ」などと頭から否定をされると、やはり嫌な気分になるもの。

なんとなく見下されていたり、人間性を否定されているような感じがしたりだってすることでしょう。

だからこそ、たとえ意見や考え方が違ったとしても、まずは一旦受け入れてくれる人なのかどうかは、とても重要なポイント。

あなたのことを大事に思ってくれている男性であれば、受け入れてくれたうえで、「でも俺はこう思うよ」とアドバイスや提案などをしてくれるはずですよ。

サッと“フォロー”ができる

困っているときに、何も言わずにサッと手を差し伸べてくれるような男性は、思いやりのある素敵な人でしょう。

これ見よがしな態度を取ったり、見返りを求めてくるようなことも一切ないのであれば、本当にいい人の可能性も大。

そもそも困っていることにすぐに気がついてくれるということは、それだけあなたのことを見てくれてもいるのかも。

お互いに助け合える関係性こそ理想的なカップルの形でもあるので、彼氏にするにも最高の男性だとも言えますよ。

ピンチにうろたえない

彼氏にできたら最高!「本物のいい男」を見抜くポイント

ピンチや緊急事態に陥ったときには、その人の本当の性質などが表れやすいです。

オロオロとうろたえてばかりいるのではなく、落ち着いて冷静な判断や行動が取れる男性なら、頼りがいのあるいい男だと言えるでしょう。

また、自分のことだけではなく、あなたのこともきちんと守ろうとしてくれるのであれば、あなたへの好意や思いも抱いてくれているのかも。

自分では何もできなかったり、自分さえ助かればいいというような言動を取る男性もいます。

こういった人は絶対に彼氏候補からは外してくださいね。

対等な関係性を築ける

いつでも常に対等な関係性を築けるような男性とは、一緒にいて居心地もとてもいいはず。

それはちゃんと尊重し合えている証でもあるので、かけがえのない存在にだってなっていきやすいでしょう。

逆に、いつも上から目線で接してきたり、なんでも自分の思い通りにさせようとするような男性には要注意。

そんな男性を彼氏にしたら、結局はいつもあなたばかりが我慢をするような恋愛をすることになる羽目になりますよ。

おわりに

「本物のいい男」を見抜くためには、見た目や上辺だけの言葉などばかりにとらわれないことが大事。

あなたへの思いやりがきちんとあるのかどうかは、ちゃんとチェックしてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)