男は美人が好き。

具体的にどのような美人が好きなのかといえば、グラビアアイドルや女優さんが好きです。

男が好きな女子の最大公約数を体現しているのが、グラビアアイドルや女優さん。

なりたい女子は大勢いますが、その中の誰を世に出すのかを決めるのは、たいてい男。

男の事務所の社長と、男のグラビア雑誌の編集長が「この子、いいね。売り出せば世の男たちがいっぱい雑誌を買ってくれそうね」なんて話をしているのです。

このように男は美人が好きなわけですが、いざ交際するとなると、男子は美人と付き合いたいの?普通の子と付き合いたいの?

【男のホンネ】美人と普通の子、どっちと付き合いたい?

多くの男子は、美人をあきらめている

じつは多くの男子は、美人をあきらめています。

「美人はカネがかかるから」とか「美人は絶対に彼氏がいるから」という理由だけで、あきらめているのではありません。

美人は、自分が好きになった男としか絶対に付き合わない、という理由であきらめているのです。

言い換えるなら、美人を熱心に口説いたところで「わたしは片思いの○○君と付き合いたいの」と言われるのを、男たちは知っているし、そう言われると納得してしまうのですね。

「彼女、美人だから、今は○○君と片思いであっても、絶対に○○君と付き合えるようになるだろうな」と思ってしまうよう……。

男のホンネは、つねに3層構造

「美人と付き合いたい」と思うのが、構造の最下部にある男のホンネ。

次にあるのが、先に見たように「でもやっぱり美人とは付き合えないよなあ」というあきらめ。

最上部にあるホンネは「でも死ぬまでに一度は美人と付き合いたい!美人に選ばれる男になる努力をしたい!」です。

このように、美人に対する男のホンネって、ややこしいんですね。

なんといっても、三層構造だから!

なので、美人でもモテない女子とは、男に好かれ、あきらめられ、また好かれ、という感じで、日々落ち着かない気持ちを男から放射されまくっている人なのです。

人って、「プラスの気」を相手から受けないと、「いいこと」が起きないと言われますよね?

たとえば美輪明宏さんがそう言います。

美人は、プラスの気どころか、不安定な邪気を男たちから放たれているから、なかなかモテないみたいですよ。

じつは男子が付き合いたい女子とは?

最後に、実は男子って、こういう女子と付き合いたいと思っている、というのをご紹介しましょう。

男子は、美人・普通の子を問わず、以下の2つの条件をもっている女子と付き合いたいと思います。

(1)話しかけやすい女子
(2)話をしていて楽しい女子

この2つの条件に

(3)自由奔放そうに見える

この条件が加わると、男子たちは俄然ヤル気になって、しつこいくらいにあなたのことを口説くようになるでしょう。

多くの男子は、不自由な考え方をもっています。

だから、美人であれ普通の子であれ、自由にのびのびと生きてそうに見える女子が「あこがれの女神」に見えていますよ。

だから、彼はあなたのことを熱心に口説きます。

おわりに

男は不自由な考え方をもっている、という点について、最後に解説を加えておきましょう。

男はなぜか3歳からすでに、女子に比べて不自由な考え方をしています。

女子は3歳にしてすでに、実は「わたしはわたしで自由に生きる」と思っているんですよね。

たとえば親に怒られているとき、目をつむる女児がいます。

「わたしに怖いことを言ってくる人なんて、見なかったことにするの」とでも言わんばかりに、彼女は目を閉じるよう……。

見ていてかわいいですが、同性である母親は「こんちきしょ~」と思うらしいです。

対して男児は、怒られて泣くか、不器用きわまりなく怒られてもおなじことをやり続けて、さらに怒られるかでしょう?

つまり男にとって、ある種の女子は、なぜか自由そうに見えるのです。

そこに男はなぜか惹かれるみたいですよ。

美人か否かは「後付けの問題」でしかなく、自由な(自由そうに見える)空気や振る舞いこそが、男を惹きつける魅力なのです。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)