あなたは、性格や趣味など、意外な一面を持っていますか?

ギャップがある女子ってモテると思われがちですが、実はマイナスな意外性があると、逆に男子が引いちゃうことも……。

そんな「男子がちょっと引いちゃう」マイナスな女子の意外性を3つ、ご紹介してみます。

当てはまっていたら、今すぐ改善した方がいいかも!?

「男子がちょっと引いちゃう」マイナスな女子の意外性とは?

1:普段穏やかなのにかなり嫉妬深い

穏やかな女子って、癒されるイメージで人気ですよね。

でも、穏やかそうに見える女子が、彼氏や好きな人に「他の女子と喋らないで」とか、「あの子ムカつく!」なんて、嫉妬心を燃やしまくっていたら、男子は引いてしまうかも。

「え、この子意外とめんどくさいのかも……」「穏やかなイメージが好きだったのにな」なんて、がっかりされてしまうかも。

好きな人への嫉妬はしょうがないかもしれませんが、ほどほどにしないと、マイナスな意外性になってしまうかもしれないので、気をつけて!

2:家庭的に見えるのに料理がまるでダメ

家庭的に見える女子も、圧倒的な人気がありますよね。「結婚するなら家庭的で料理上手な子」と決めている男子も多いかも。

清潔感が溢れていて、自炊していそうな家庭的な印象。さらに「私料理できます!」なんて言われると、それだけで「いいな」と思う男子もいますよね。

でも実際、料理を振る舞う場面になったとき、「手際が悪すぎる」「切り方がめちゃくちゃ」というところを見られたら…。
男子は「思っていたのと違う」「残念すぎる……」なんて、期待していた分、がっかりしてしまうかも。

プロ並みとはいかなくても、最低レベルのスキルは持っていた方がいいかも。

もし、どうしても苦手な場合は、見栄をはらず、「実は料理は苦手」「今勉強中なの」と、素直に話しておきましょう。

3:モテそうなのに彼氏が何年もいない

「男子がちょっと引いちゃう」マイナスな女子の意外性とは?

女らしく、モテそうに見える女子は、「彼氏いるんだろうな」「モテそうだけどアプローチしたいかも」と、男子も興味を持つはず。

でもそこで、「5年彼氏いないんですー」「好きな人ができないのが悩み」なーんて言われると、男子は、「え、何か問題があるのかな?」「何年もいないのはちょっとハードルが高いかも」と、引いてしまうかも。

実際のところ、何年も彼女がいない男子に対しても、同じことを思いますよね。

理想の人を探すあまり、ハードルを高くしすぎると、いい人どころか、誰も寄ってこなくなってしまうかもしれません。だからといって誰とも付き合って良いわけではないですが…。

そうなる前に、少しでも興味がわく人がいれば、デートをしてみるなど、行動してみるべき。

すでに長年彼氏がいない場合は、そこは素直に言いすぎず「ちょっと前に居たかなー」と、うまくはぐらかすのもありかも。

意外性はプラスな方に!

他にも“女らしく見えてガサツ”、“綺麗なのに部屋が汚い”など、マイナスな意外性は、男子の“がっかり”の元になってしまうかも。

「それがいいんだ」というマニアな人に出会うのもありですが、できるだけプラスな意外性を見つけて、そこをうまく自分のアピールポイントにしてみては!?

(麻生アサ/ライター)

(愛カツ編集部)