突然ですが、男性からどう思われているか知っていますか?

いいイメージを持たれていればいいですが、「下品な女性だな」と思われてしまうと仕事でもプライベートでも損な役回りばかりが回ってきます。

一度ついたイメージを変えるのは難しいもの。そこで、男性が下品と感じる女性の言動について男性の意見を聞いてきました。

その行動ちょっと待った!男性が「下品だな」と感じる女性の言動

大声で笑う

「大声で笑う女性ってちょっと下品な印象を受けます。おばちゃんっていうか、そういうイメージが強いんです」(Dさん・28歳男性)

面白いことがあれば笑ってしまうのは仕方のないこと。

しかし、できるだけ口元を隠して笑うといいかもしれません。

「ちょっと」なんていいながら、男性の肩を叩いたりするとイメージダウンに。

「おまえ」など言葉使いが悪い

「職場でちょっとミスの多い部下に対して『おまえ』って読んでる女性がいますけど、下品だなって思います。

部下のことを『使えない』って悪く言っていますけど、傍からみていると類は友を呼ぶっていう感じです」(Iさん・29歳男性)

言葉使いが汚いと下品なイメージをもたれてしまいがち。

感情的になったときに口調が荒くなると、「素が見えた」を思われてしまいます。

他にも「ワンチャン」という言葉や、「マジレス」というようなネットスラングも気をつけた方がいいでしょう。

過去の恋愛話で男批判

その行動ちょっと待った!男性が「下品だな」と感じる女性の言動

「飲み会とかで、付き合った過去の男批判を耳にすることがありますけど、あれは聞いていて気持ちのいいものではないですよね」(Tさん・27歳男性)

男性批判だけではなく、「あの女はあり得ない」といった女性批判も同じ。

誰かの悪口というのはイメージがよくないもの。

恋愛話で男性批判をする場合には、「どうして元彼とは別れたの?」というように聞かれた時だけ、その理由を答えた方がいいかもしれません。

格下認定した人には冷たい

「人によって態度を変える人っていうのは品性を疑います。

もちろん、仕事なら立場によって態度を変えないといけないこともありますけど、年収とかで態度を変えていたりすると『うわ』って思う」(Uさん・30歳男性)

部下と上司とでは態度を変えることは当たり前。

しかし、「年収が高い人には態度を変える」とか「恋愛対象愛の人には冷たい」というように自分に得がありそうな人にだけ、キャラを変えていると男性からのイメージはよくないようです。

日頃から意識することが大切

今回は男性から下品な女性と思われてしまう女性の言動をご紹介しました。

気をつけているつもりでも、ふとした瞬間に素が出てしまうということもあります。

日頃から言葉使いを気をつけたりして意識しているといいでしょう。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)