恋愛で大事なのはタイミングと相性。年上の男性が好みであっても、出会いのタイミングによっては年下の男性とお付き合いをすることもあるはず。

年下の男性には年上の男性にはない魅力がありますが、逆に年上の男性にはないデメリットもあります。

そこで今回は年下の男性とお付き合いして意外に苦労したことをご紹介します。

経験者に聞いた!年下男子と付き合って意外に苦労したこと

結婚に踏み切らない

「30歳ってやっぱり女性として結婚を意識する年齢だと思うんです。

でも、そのときに付き合っていた年下の男性は20代半ば。

なので、私は結婚したくても相手にその気がないってことが原因で別れました」(Rさん・32歳女性)

結婚を意識する時期というのは男性と女性で違うもの。女性は特に出産などを考えると、30歳が結婚を考えるポイントに。

しかし、年下の男性というのはまだまだ結婚に対する心の準備ができていないこともあります。

相手に結婚の意思がないなら別の男性を求めるというのも選択肢の1つ。

支払いはいつも自分

「昔付き合った年下の男性は私よりも年齢が低い分、給料も私より低かったんです。

それは仕方ないことだと思うんですけど、デートの支払いは毎回のように私だったのはさすがにしんどかった」(Aさん・28歳男性)

男性の方が社会人歴が短い場合、それだけ給料に差が出てしまうこともあります。そのため、女性の方が支払いが多くなってしまうことも。

出費がかさむようなら、お家でデートを多めにしたり、お金のかからない工夫が必要になってくるかも。

デートは男性の経済力に合わせるといいかもしれません。

甘えたいときなのに先に甘えてくる

経験者に聞いた!年下男子と付き合って意外に苦労したこと

「年上だからっていつも甘えられてばかりなのはつらい。私だって思いっきり甘えたいときもあります。

でも、いつも先に甘えてきて、私があいてをするばっかり。お姉さんキャラは嫌だ!」(Dさん・27歳女性)

年上だからといって女性が引っ張っていく必要はありません。逆に、年下の男性も「時には頼られたい」というときもあるようです。

なので、「今日は思いっきり甘えちゃおうかな」と言ってみたり、「今日はエスコートして」とお願いしてみるといいかもしれません。

いきなり頼るのは男性も困っていまいますが、徐々に頼る頻度を多くして甘えられる瞬間を作っていきましょう。

周りの目が気になる

経験者に聞いた!年下男子と付き合って意外に苦労したこと

「年下の男性と付き合っていると、周りの目が結構気になるんです。

彼氏の愚痴を友達に話したりすると『若い男を捕まえたんだからしょうがないよ」って話を聞いてくれなかったり、職場の人からは『どうせお金が目的でしょ』って言われたりするんです」(Tさん・28歳女性)

年齢が近いならそれほど周りの目も気にならないかもしれませんが、年齢が大きく離れていると、周りの嫉妬を買ってしまって標的にされてしまうことも。

そのため、恋愛話になってもあまり多くは語らない方がいいかもしれません。

頼ってきたら「一緒に頑張ろう」と自立を促すべし

今回は年下の男性とお付き合いして意外に苦労したことをご紹介しました。

精神年齢の差というのは仕方がないかもしれませんが、それを分かって付き合ったとしてもしんどいものはしんどいはず。

彼を甘やかさず、自立してもらうように接してみるのも1つの方法です。

頼られた場合、それを受け入れてしまうのではなく、「一緒に頑張ろう」といって彼にも努力してもらうようにしてもらうといいかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)