好きな男性にLINEを送るのであれば、さりげなくキュンとさせることを意識するのも大切です。

それによりふたりの仲が急速に縮まることだってあるので、ダラダラ話し続けるよりは効果も大きいでしょう。

そこで今回は、思わずキュンとなる“女子からのLINE”を紹介します。

意識させるテクニック!思わずキュンとなる「女子からのLINE」

「さっきのカッコよかったです」

男性のカッコイイ一面を褒めるときに、あえて目の前ではなくLINEで褒めるというのはひとつのテクニック。

あとで改めてLINEで褒められると、お世辞っぽさがなくて本気の褒め言葉のように感じられるので、男性の喜びも大きくなるものです。

「今日着てた服、すごい似合ってた」とか「朝の会議でのプレゼン、勉強になりました」なんてさりげなく送ってあげると、かなりドキッとさせることができるでしょう。

自分のことをちゃんと見てくれているのも伝わるので、男性があなたの存在を意識するようにもなりやすいですよ。

「いないとつまらないな」

好きな男性が風邪や体調不良で職場や学校を休んでいると、心配な気持ちと寂しい気持ちが湧き起こるのではないでしょうか。

であれば、その思いをLINEできちんと伝えてあげると、男性をキュンとさせることもできるもの。

「大丈夫?ゆっくり休んでね」と声をかけるだけではなく、「○○くんがいないとつまんないな」なんてひと言も付け加えてみる。

このひと言は男性にとってはかなり衝撃的なものでもあるもの。

ベッドの中で寝込みながらも、頭の中はあなたのことでいっぱいになってしまうはずですよ。

「○○さんと話して元気になりました」

意識させるテクニック!思わずキュンとなる「女子からのLINE」

気になる男性と色々と話をしたり、何か相談に乗ってもらったときなどには、「話を聞いてくれてありがとうございます」ときちんとお礼は言うべきです。

そしてさらに、「○○さんと話して元気になりました」と最後に言うと、男心をグッとつかむことができます。

自分が役に立てたことを実感できたり、自分の存在価値を認めてもらえたら、男性はプライドをくすぐられるもの。

自分のことを必要としてくれる女性に対しては、男性も「大事にしたい」という思いが芽生えるので、特別な存在にだってなりやすいですよ。

「またLINEしてもいいですか?」

女性とLINEをしているときには、「俺とのLINEを楽しんでくれているのかな?」などと、男性は考えたりもするもの。

だからこそ、「楽しい」とか「もっと話したい」という気持ちは、それとなく伝えるようにすることが大事です。

会話がそろそろ終わろうとしているときに、「またLINEしてもいいですか?」と聞くのは、「またあなたと話したい」とわかりやすく伝えられます。

さらに、「いいよ」と返信がきたら、「やった!うれしい!」などと喜びを表現してあげると、男性をキュンとさせることもできるでしょう。

おわりに

面と向かってはなかなか言えないようなことも、LINEであれば言えたりもするはずです。

ときには、思いきってちょっとドキッとさせるようなことを言ってみると、男性のあなたを見る目が変わる可能性もありますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)