いい感じだと思っていた男性がいたのに、急に冷たくなってしまった……という経験がある人も多いと思います。

それはもしかしたら、男性を遠ざけるような行動をしてしまったせいかもしれません。

せっかくあなたに好意を持ってくれていた男性が、ガッカリして離れていってしまうような、こんな行動を取っていませんか?

「好きだったのに…」男性を遠ざけてしまう無意識な行動3つ

1.真面目をアピールし過ぎる

“尻が軽い女性”と思われたくないばっかりに、必要以上に真面目さをアピールしてしまっていませんか?

たとえば、男性がせっかくデートに誘ってくれたのに、「私はそんなすぐに男性と二人きりになることはしないんだよね……」と言ってカタいことを強調したり、

また、マッチングアプリなどで知り合って仲良くなった男性に対して、会わないと先に進めないのに「そんなにすぐに会ったり出来ない」と、何ヶ月も会うのを先延ばしにしたり……。

ホイホイついていく女性ではないのはけっこうですが、控えめな男性の場合は、こうした行動を取られると「俺は、脈なしか」とガッカリして諦めてしまいがちです。

2.「忙しい」と口にすることが多い

暇を持て余している女性だと思われると恥ずかしい、という気持ちだったり、本当に忙しい日々が続いていることから、つい「忙しい」という言葉を口にすることが多くなっていませんか?

あなたに好意を持っている男性が、あなたともっと親しくなれるきっかけはないかと模索している時に、「忙しい」と連発されると、壁を作られたように感じてしまう男性も多いものです。

「これ以上近づくなというサインなのかな?」と自信をなくしてしまったり。

「本当に忙しそうだから、付き合うのは無理っぽい」と去って行ってしまうことになりかねません。

3.返信をするのが遅い

「好きだったのに…」男性を遠ざけてしまう無意識な行動3つ

もし、駆け引きのつもりで、男性からの連絡に対して返信することを遅らせているのであれば、それがかえって男性を遠ざける原因となっていることがあります。

「焦らされるとますます気になってしまう」とか、「手に入りづらい恋ほど、頑張り甲斐がある」と思っている男性ばかりではありません。

なかなか返事を返してくれない女性のことは「自分に興味がなさそう」とか「迷惑なのかな?」とマイナスに捉えてしまう男性も増えています。

また、あなたに反応して欲しくて何かと連絡をして来ていた男性は、「意外と冷たい」とガッカリして、遠ざかってしまうこともあるのです。

次こそ恋を実らせる!

第一印象では気に入ってもらえることが多かったり、仲良くなるのは早いのに、なぜかあと一歩のところで男性が去って行ってしまう……。

こんな悩みがある人は、あなたの好意が伝わらず、逆に男性を誤解させ遠ざけてしまう行動を取っていなかったか振り返ってみましょう。

次こそは、男性の好意を感じたら、素直に受け入れてみてはいかがですか?

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)