最近、「付き合い始めて半年の彼氏がいます。おうちデートでいい雰囲気を作るにはどうしたらいいですか?」(29歳・女性・会社員)と、相談を受けた筆者。

きっとこんなふうに悩んでいる方も多いのかな?と思いまして……。

今回は、おうちデートで気の利くセリフについてまとめました。

おうちデートで使える!気の利くセリフ5つ

「のどかわいてない?」

夏は汗をかきますし、冬は乾燥するものです。

筆者が周りに聞いたところ、彼女の家に行く場合、のどが渇いたなと思っても、なかなか言い出しにくいという方も……。

気の小さい男性の場合は、いちいち気にしてしまうもののようですよ。

そんなとき、彼女のほうから「のどかわいてない?」と言われると、とても嬉しく感じるそうです。

「好きに飲んでね」と飲み物を置いておくとしても、こう一声かけるだけで、関心を払っているとアピールできますよ。

注いであげるのも◎

「寒く(暑く)ない?」

エアコンが必要な季節や、ちょっと肌寒くなってきた季節などに、ぜひ言いたいセリフ。

特に女性と男性では、温度の感じ方が違いますね。

筋肉の多い男性は暑がりですし、脂肪の多い女性は寒がりが多い傾向にあります。

たとえば、夏は自分が感じるより、少し涼しくエアコンを設定して、自分はなにか1枚着ておく、なども気遣いのひとつかもしれません。

ただし、言い方によっては共感を求めるような催促に聞こえる恐れもあるので、「○○くんは?」「大丈夫?」と、丁寧に聞いてあげると賢そうです。

「楽にしてね」

彼が自分のお部屋に来てくれたときは、序盤に言いたいのがこのセリフ。

こう言ってあげることで、彼は歓迎されていると感じます。

なんだかおうちデートは緊張する……という方も、あえて彼にこう言うことで、彼もリラックス。

そんな彼を見て自分もリラックスして結果、雰囲気が良くなる……なんて効果も期待できそうですね。

「勝手に使っていいから~」

ティッシュだったり、タオルだったり、必要なときにパッと取れるもの、使えるものなら、あらかじめこう言っておきましょう。

「ティッシュ、いいかな?」なんて彼に言わせない、という気遣いには、雰囲気をよくする効果があるのです。

また、お菓子や差し入れを置いて、「好きに食べて~」というのも、和やかな雰囲気の演出に最適。

こちらから、彼に気を遣わせない雰囲気を作っていきましょう。

「なんかほっとするね」

彼のおうちに行ったら、ぜひ言ってあげたいこのセリフ。

もちろん「なんだか緊張する」というのも、おうちデート初回の醍醐味でもありますが、会話が弾んで来たなら、ぜひ温かい気持ちになっていることを伝えてみてください。

彼を信頼していることも伝わりますし、いつも自分が過ごしている部屋で、彼女がリラックスしてくれている……というのは、彼氏にとって嬉しいことなのですよ。

おわりに

なんか微妙な時間だった……なんておうちデートにしたくありませんよね。

小さなことや、当たり前のことかもしれませんが、そんな気を利かせて、なにげない時間も幸せに感じてもらうのがおうちデートの醍醐味。

特別なことをするより、のんびり流れる時間を楽しんでいきましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)