彼氏からLINEの返事が返ってこないときに、モヤモヤすることってありませんか?

彼女からのLINEを無視するなんてありえない!納得のいく説明を……!なんて思ってしまうかもしれませんが、彼らには彼らなりの理由があるのだとか。

その理由を知れば、返してもらえるLINEの送り方もわかるかもしれません。

ごめん、わかって?僕たちが彼女にラインを返さない理由

会話を続ける時間がない

LINEはいつでもどこでも会話ができる便利なツールですが、ある程度意見のやり取りを続けようと思うと、それなりの時間を確保する必要があります。

LINE返事がないのは、その会話の時間を確保するのが難しいからかもしれません。もし会話を始めて途中で放置したら、それこそ怒られる……なんて考えていることも。

「ちょっとLINEで○○ことで聞いてほしいんだけど、いま大丈夫?」と言ったり、「ちょっとだけ相談したいことあるんだけど5分くらいいい?」と言ったりすれば、彼氏もちゃんと返してくれるかもしれません。

落ち着くのを待っている

聞いてほしい話があるときほど、「ねぇ聞いて信じられない!」とか「無理!ホントムリ!」というテンションで話しかけてしまう……という方も多いのではないでしょうか?

こうなると男性は「あ~……、また興奮してるな~……。落ち着くまでそっとしておこ」と面倒くさがられている可能性も。気持ちが落ち着いてからでないと、なにを言っても聞いてもムダに思えてしまう、というわけです。

聞いてほしい気持ちは伝えてもOKですが、まずは、なにがあって、○○だったからこう思った、というのをハッキリ伝えてあげて。そうすれば彼も、共感して話を聞いてくれるかもしれません。

どうせ明日同じ話をするから

ごめん、わかって?僕たちが彼女にラインを返さない理由

「明日会ったときに聞けばいい話題だな」と思われて、LINEでは返信がもらえないという可能性はありませんか?

少し自分の言動を思い起こして、LINEで話したことを、次の日のデートでも話している、なんてことがないかチェックしておきましょう。

男性は、会話を情報の交換と考えているので、2度同じ話を聞くのは時間のムダと考えてしまう方も……。

どうしても2回聞いてほしい! というときは、LINEでも聞いてくれたけど、デートでも聞いてくれたから気が晴れた、安心した、と、「感謝」とセットにして伝えるといいかもしれません。

自分のペースを乱されたくない

男性はマルチタスクが苦手な生き物。

あなたがLINEを送った時間は、彼があることを楽しんでいる時間だったり、リラックスしている時間だったりしたのかもしれません。彼女のLINEに返事の際に、自分のペースが乱されると感じ、LINEの方への意識をOFFにしているのかもしれません。

もし急ぎなら、「ごめん、返せるときでいいんだけど、ちょっと聞いてほしいことがあるの」と、彼のプライベートを尊重してから会話を始めてみてください。

彼を気遣えば、彼も相手をしてくれるかも。

おわりに

LINEは手軽なコミュニケーションツールですが、返信が無い理由をモヤモヤ考えてしまいがちです。

「どうして返してくれないの」という理由を考え続けるよりも、ちょっとした気遣いとセットにして話しかけると、意外とLINEを返してくれるようになるかもしれません。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)