「俺の彼女、かわいくてたまらない……!」と思ってもらえたら、彼女冥利に尽きますよね。

でも、いざ可愛く見てもらえるよう意識とすると、結構難しかったり照れくさかったりするもの……。

そこで今回は、どんな甘え方が「たまらない!」のか、男性の意見をご紹介。

次回のデートの参考にしてみてください!

男性に聞いた「たまらなくかわいい甘え方」

不安そうな表情からパッと笑顔に

「いつも明るくて元気な彼女なんですが、『送ってもらっても……いい?』『これほしいけど……、ダメだよね』と、頼みごとのときは申し訳なさそうな顔。
でも、OKすると、パッと笑顔になるんです。その瞬間がたまりません」(31歳・男性・会社員)

彼が快諾するのを当然と思って甘えるのではなく、「本当に悪いんだけど……」という気持ちを前面に出して、不安そうな表情でおねだりしてみてください。

大好きな彼女が笑顔に変わる瞬間。男性であればきっと、ハートを撃ち抜かれるはずです。

一瞬だけギュっとして笑う

「デートで一緒に歩いていると、たまに腕をギュっとされます。
不意打ちなので、『ん?』『お?』と思って彼女を見たときにはもう離れていて、『えへへっ』と無邪気な笑顔をしてくれます。」(28歳・男性・調理師)

デート中に甘えるなら、長時間ベタベタイチャイチャするよりも、一瞬の攻撃が効果バツグン。

他にも、繋いでる手をちょっと大きく振ってみたり、肩に頭をあずけてみたりして、無邪気な笑顔を見せるといいかもしれません。

きっと、帰宅後も彼は、その笑顔が頭から離れないはずです。

後ろから髪で覆われるように密着

「休みの日に、一緒に家でゴロゴロしていたとき。
テレビを見ながら、僕はソファにもたれて床に座っていて、彼女はソファの上に座っていたんです。

そのとき不意に上の彼女が、両腕を回して、僕の首を抱いてきて……。
彼女の長い髪に覆われる感じなり、いい匂いに包まれました。
おうちデートバンザイ!って思っちゃいました(笑)」(30歳・男性・ドライバー)

おうちデートでは、いろんなポジションや体制をとることができるので、こんな甘え方もできるんです。

脚に抱き着いたり、膝枕をしたりされたり……。

せっかくおうちデートなので、普段はできない甘え方をしてみては?

布団にもぐりこんで顔を出す

「秋から同棲を始めたんですが、最近の彼女がかわいくてたまりません。
というのも、休みの日なんかは、布団に入ったままスマホでゲームをしたりしてるんですが……。

家事なんかを終えた彼女が、もぞもぞと布団に入り込んでくるんです。
で、僕の体に覆いかぶさるような体勢から、ひょこっと布団から顔を出して構ってアピール。
もう、最高です」(26歳・男性・IT)

布団や毛布を使う季節なら、もこもこふわふわ感を利用して、かなり可愛い甘え方ができそうです。

イタズラ心もあるこの甘え方、あなたも今年の冬はぜひ!

おわりに

取材を進めていると、「甘え方もセンスなのかな?」と感じました。

ただ、登場した女性たちは、イチャイチャアピールをしたいとか、自分にどんなメリットがあるかで行動しているのではなく、本当に彼氏のことが好きというご様子。

筆者自身、話を聞いているだけでそんな純粋さを感じたので、実際のところ、そういった気持ちが一番大切なのでは?と思うのです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

>>【あわせて読みたい】好きが爆発!「俺の彼女かわいいー♡」と感じる瞬間4つ