付き合う前に体の関係を持ってしまった……大人になればそんなこともありますよね。

実際、筆者も筆者の周りも、付き合う前にHしたケースが多いようで……。

でも、そこからお付き合いに至っている子と、そうでない子がいるのはなぜだと思いますか?

筆者自身、前者も後者も経験して悩んできたひとり……。

そこで今回は、その違いについて考えていきたいと思います。

付き合う前にHしても関係が続く女の子と、続かない女の子の違い

重たい雰囲気をつくらない

これは筆者の失敗談からも言えることですが、「H=付き合う」という考えに固執するのはあまりに危険です。

男性は責任をとることから逃げたくなる生きもの。

「Hしたから付き合うんでしょ?」という雰囲気だと重たくなりますし、男性に責任というプレッシャーを与えることになりかねません。

「付き合う」というキーワードを出さず「また遊ぼうね!」と友達ノリで対応したほうが、気まずくならず、また会う機会を作りやすいものです。

Hしたということは、少なからず女性として意識している証拠。

まずは、また会いやすい雰囲気をつくることを意識してみてください。

面倒なことを言わない女性だと思わせるだけでも、印象アップにつながるはずですよ。

白黒つけることを焦らない

体の関係があるということは、お互いに好意がある証拠。

でも、付き合うかどうか白黒はっきりさせることに焦ってしまうと、必死な印象になってしまいます。

恋愛において、必死な姿は男性が引いてしまう原因となりますし、魅力的には写りません。

心のなかで焦ったとしても、その焦りを見せないことが大切。

男性は、余裕ある女性を追いかけたいと思うものなのですよ。

Hしたけど彼から「付き合う」という言葉が出ないとき、彼は「あなたがどんな女性なのかもっと知りたい」と考えています。

焦らず、友達以上恋人未満の関係を楽しんだほうが、あなたのよさが彼に伝わりやすいので「焦らない」。

これが鉄則ですよ。

Hする前と態度を変えない

Hしたことで、距離が縮まるのも事実。

でも、そこでいきなり彼女のような振る舞いを見せるのはNG。

Hする前と後で態度を変えると、男性が引いてしまう可能性もあるからです。

男性はあなたとHしたことで、少なくとも、あなたを手に入れたという感覚を味わうでしょう。

ここで彼女面してしまうと更に、あなたが手に入った満足感が生まれ、あなたに対する関心が薄れてしまうのです。

Hしても対応は変えず、むしろ好きかどうかわからないくらいのスタンスでいるのが正解。

簡単に手に入らない女性だと思わせることができれば、彼のなかでの、あなたの価値が高まります。

そうなれば男性は、狩猟本能が刺激されて自然と追いかけたくなるもの……。

これに加え男性は、苦労して手に入れた女性ほど大切にしたいと思う傾向にあるので、この男性心理もお忘れなく!

おわりに

付き合う前にHしたとしても、そこから本命彼女になることは無理難題ではありません。

大切なのは、Hしたからといって彼の女になったと思わせないことです!

デートを楽しむ機会を増やして、体ありきの関係にならないこともポイントですよ。

付き合うことより、次に会うことを大切にしていけば、2人の間に愛情が芽生えてくる日もそう遠くないはずです。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)