職場って仕事だけの関係かと思いきや、些細なことをきっかけに、特定の女性を意識する場合も。

その子が困っていないか気になり、仕事中もついチラチラと見てしまうようです。

そこで今回は「職場女子の『力になってあげたい!』と思った瞬間」について、男性陣にリサーチしてみました。

男性が職場女子の「力になってあげたい!」と思った瞬間

1.上司と後輩の板挟みになる姿を見たとき

「いくら注意しても我が道を突き進む後輩と、それにたいして『ちゃんと教育しているの?』と怒る上司。

板挟みになってもグチを言わない姿を見ていたら、何か俺にできることはないかなと思った」(32歳/営業)

アラサーになると後輩も増えてきて、上司から新人教育を任されたりしますよね。でもジェネレーションギャップもあるからか、後輩がなかなか思うように動いてくれないことも……。

そんなときに上司と後輩の板挟みになりつつも、グチや弱音を吐かない姿は好印象。男性陣も何か力になれればと思うようです。

2.自分がツラい時期に助けてもらった

「まだ新入社員だった頃、同期の中で俺が一番仕事が遅かったんです。

でも同じく同期のAさんだけはイヤな顔せずに手伝ってくれたし、わからないことも教えてくれました。

その恩があるので、Aさんが困っているときは率先して助けるようにしています」(27歳/IT)

仕事をしていると、自分にとって必ず苦しい時期ってきますよね。

そのときに他人事だからと素通りするのではなく、さりげなくフォローしてもらえると優しさが身に染みるもの。この恩は絶対に忘れないし、いつか自分も力になってあげたいと思います。

つい自分のことでいっぱいになってしまいますが、周囲にも気を配れる心の余裕を持ちたいですね。

3.どんな日でも頑張って出勤する姿を見たとき

「うちの職場は車通勤の人がほとんど。でもペーパーの同僚はどんなに雨でも電車に乗り、駅から歩いて出勤する。
なんだかその姿がけなげに見えてしまって……。帰りはさりげなく時間を合わせて、職場の最寄り駅までは送るようにしています」(31歳/教育)

電車や徒歩通勤の人からすると、雨が降ろうが電車が止まろうが、通勤するのは当たり前になっているんですけどね。いっそのこと仕事が休みになればと思うのですが、現実は難しいですし……。

そのため車通勤の人からすると、「せめて天候が悪い日だけでも、送り迎えしてあげたいな」と思うみたい。少しでも通勤の負担を軽減したいようです。

おわりに

マジメに仕事をしていると、その人望から「何か力になってあげられないかな」と思ってもらえるよう。

無理はしすぎず、でも自分にできることをひたむきにやっていれば、味方になってくれる人は少しずつ増えていくのかもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)