冬になり乾燥がひどくなると出てくる、脚の粉吹き。
粉を吹く前のかゆみが出た段階で、できることを全てやっておくと後が楽ですよ。
もう出てる! というあなたにもとっておきの対策をお教えしますね!

1枚目

脚も顔と同じく優しく洗う

まず体を洗うときにナイロンのボディタオルでゴシゴシこすってませんか?
ナイロンで洗うと『ナイロンタオル黒皮症』といって、摩擦を繰り返す事でメラニン色素ができ、
色素沈着を起こしてしまい肌が黒くなってしまいます。
特に脚はちからを入れやすく、すでに自覚症状がある人もいるのでは?
柔らかいたっぷりな泡で優しくその日の汚れを落とすだけにしましょう。

2枚目

風呂上りのケア

顔とおなじで乾燥は大敵です。
コットンに化粧水を含ませて、顔と同じように余分な角質を脚も取ってあげましょう。
もちろん顔の後のコットンでも大丈夫ですが、その時は化粧水を足してからするように。

その後、化粧水の水分が残ってるうちにオイルで膜をつくりその上にクリームで保護することです。
脚にも顔と同じような工程をしてあげる事で、脚もこたえてくれるようになりますよ。

 

オイルがなくてもOK

油分のたっぷり入ったクリームなら化粧水からいきなりクリームを塗ってもOK。
ニベア、ユースキン、オロナイン……なんでもいいのですが、
クリームだけなら風呂上りと朝も塗るようにした方が保湿力が高まります。

 

服もナイロンを避ける

ナイロン、アクリルなど入ったタイツやレギンスを避け、綿の物が脚の肌にあたるようにましょう。
化繊のものは同じく摩擦を起こしてしまい、かゆみを強めてしまいます。

また肌に密着するデザインの服なども、
同じようにこすれてかゆみを起こしてしまいますので、注意して下さい。

 

もしかして疲れてない?

根本的に改善したいならやはり病院がオススメ!
乾燥肌とは肌の免疫力が落ちた状態なので、上から保護するだけで治らない場合もありますからね。
病院へ行くと保険が効くので安く保湿剤などがもらえますよ。

3枚目

夜眠る時に体温が上がって脚がかゆくなるんですよね。
それもケアしていると、かゆみもなくなります。
朝起きたら掻きすぎて血が出てるなんて人は必ず毎日実践して下さいね!

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

自分を変えてモテるようになりたい!今の自分からどう変わればいいのか分からない!

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから