はっきり付き合おうという言葉なしでデートを重ねている場合、先に体の関係になってしまった場合など、女性が不安になる状況を男性はどう捉えているでしょう。

言葉にしてくれないのはズルいから?

男性が考える「彼女」の定義について聞いてみました。

これって付き合ってる?男性が考える「彼女」の定義

友達や親に紹介するのは彼女

「ちゃんとした彼女が出来たら、公の場につれていきます。
会社主催のBBQとか友達との集まりとか。

親に紹介するのも抵抗がないですね」(24歳/アパレル関係)

一番分かりやすい目安になるのが、彼が周りの人間に紹介してくれるかどうかでしょう。

というのも、紹介する時点で相手から「彼女さん?」などと聞かれないことはまずないので、そう認めざるを得ないからです。

割り勘は友達、奢るのは彼女

「彼女を探している状況で、全員に奢っていたら身が持ちません。
なので見極めているときは割り勘で、それに文句を言うような子は付き合わないかも。

でも、彼女になったらお金は払わせないですよ」(31歳/金融関係勤務)

お金の使い方に出る、という意見もありました。

ただこれは最初からずっと奢ってくれていたけれど相手はセフレだと思っていたというケースや、ずっと割り勘だけれど真剣に恋愛しているケースとどちらもありそう……。

男性の裕福さや経済観念で変わるので何とも言えないですね。

参考になるとしたら、奢ってくれていたのが割り勘になったり、割り勘だったのが奢ってくれるようになったりとお金の使い方が変わった場合でしょう。

定期的に会うのが彼女

「思いついたときに連絡する、など自分勝手な会い方ではなく定期的に連絡を取り合って合い続けるのが彼女だと思います」(25歳/美容師)

「いなくなったら困る」という存在が彼女だと思っている男性は、そうならないように努力して、離れていかないためのマメな連絡やデートを行うのかもしれませんね。

都合のいいときや当日しか連絡してこない男性は、セフレだと思っている可能性が高いでしょう。

体の関係になったら彼女

「彼女じゃない相手と体の関係は持ちません。
だからそういう関係になったら彼女だと思っていますよ」(27歳/美容師)

世の中の男性、みんながこの考え方だったら女性も悩まないですよね。

彼女じゃなくても、罪悪感なしに関係を持てる男性もいるから振り回されるわけです。

ただ、「他の女性の存在があるか、ないか」は大きく影響します。

不安な場合は「こういうことしてるのって私一人だけ?」とさりげなく確認しておきましょう。

男女で「付き合う」の定義が違うことはある

女性の場合は、体の関係を持つと相手への気持ちがどんどん入っていくのに対して、狩猟本能の強い男性はセックスするまでが最高潮に盛り上がってそこから盛り下がってしまう場合があります。

だからこそ、本当は体の関係になるまでに付き合いを確認しておいたほうがいいのですが、言えない場合もあるでしょう。

人によって「付き合う」の定義は違うので、やはり悩んだらストレートに確認したほうが安心です。

聞かれて引くような男性なら、さっさとお別れしてしまいましょう。

そのほうがもっと良い男性と出会えますよ。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)