今どき男子は告白してくれません。

「彼から告白してほしい」と待つのは時間がもったいないですし、自分から告白した方が早く付き合えるはず。

そこで、12星座別に【告白するタイミング】をまとめました。

気になる彼は何座? いつ好きと言うのが効果的なんでしょう?

要チェック!

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)間を置かずにすぐ!

おひつじ座の彼は、あまりシチュエーションに凝らないでしょう。

ロマンチックなムードのある場所じゃないといけないというこだわりはないはず。

大事なのは、彼が好かれていることに少しでも気づいたり、あなたのことを「いいな」と思ったりした時にすぐ告白すること。

鉄は熱いうちに打てと言うように、おひつじ座の男性の場合はスピード感が大切です。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)彼がその気になるまで待つ

おうし座の恋はスロースタート。友人としての仲がしばらく続かないと恋の可能性が見極められないでしょう。

そのため、「告白したい!」という自分の気持ちより、彼の気持ちを考慮したほうが良さそうです。

彼がそれまで以上に興味を持ってくれて、友達以上恋人未満という状態になったら告白してみてください。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)少し焦らしてから

ふたご座の恋はリズム良く、出会ったその日に結ばれるようなことも少なくありません。

ただ、ワンナイトで終わらず本命として付き合うなら、少しもったいぶらせた方が効果的。

友人同士ではなく、あくまでお互いを異性として意識しながらデートを重ねて、彼がじれったそうにし始めたら告白のタイミング。

あまりにお預けしてしまうと、逆にそっぽを向かれてしまうので気を付けて!

かに座(6月22日~7月22日生まれ)彼が身内を紹介したら

かに座の男性は、本気で付き合う彼女には結婚してもいいほどに覚悟を決めます。

外見がよほどドンピシャの好みでもない限り、出会ってすぐに付き合おうとは思いません。

何気ないやり取りを通じて、「夫婦になったら…?」というシミュレーションをするでしょう。

ですので、彼が家族の話をしたり、男友達との飲み会にあなたを連れていったりすると、告白しても大丈夫なタイミング。

彼は真剣なお付き合いを望んでいるはずなので、好きという気持ちにきっと応えてくれるはずです。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)好きと思った時がベストタイミング

しし座の男性は回りくどいアプローチが苦手です。

また、出会ってからどのくらいの時間が経ったかということにもこだわりません。

好きと思ったなら、その場で言うのがベストタイミング。

もし彼がまだその気になれないとしても、告白されることで気持ちが動かされることもあるでしょう。

わかりやすく、短い告白が良さそうです。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)彼を好きにさせてから

おとめ座の男性は、恋愛対象に見ていない女性から告白されると困ってしまうはず。

「試しに付き合ってみる」「好きと言われたから心が動く」という展開はほとんどないでしょう。

つまり、彼を好きにさせないと告白しても意味がないのです。

告白を成功させるタイミングは、彼を振り向かせられた時。

彼が好きなものに共感したり、さりげなく褒めて自尊心をくすぐったりすると良さそうです。

あなたの仕事やプライベートに興味を示してくれるようになったら、告白してもいい頃合いでしょう。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)ドラマのように格好良く

てんびん座の男性はムードを大切にします。

人ごみの中で雑に告白されても白けてしまうので、場所と時間は慎重に選びましょう。

静かでロマンチックな気分になれるシチュエーションが良さそうです。

また、「好き」という言葉を告げる時も、恥ずかしがらずに女優になったつもりで。

ちょっとしたサプライズをしかけたり、告白の言葉を少し気取ってみたりするのもいいかもしれません。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)アプローチをしてから

さそり座の男性は、好きな人からの告白しか受け付けないでしょう。

好きと言われたからといって、「じゃ、とりあえず付き合ってみよう」とは思わないはずです。

そのため、彼をその気にさせることがまず大事。

さそり座は好きなことや仕事にストイックなタイプで、共感はしてもジャマをするのはNG。

同じ趣味を持ったり、彼の仕事に理解を示したりすると仲良くなりやすいでしょう。

LINEの数やあなたに対する質問の数が多くなってきたら、告白をしてもいいサインです。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)二人きりになれたら

いて座の彼は「いいな」と思った時に仲良くなれないと、すぐに興味を失ってしまいます。

オープンないて座は、好意を抱くと表情や態度に現れるタイプ。

向こうから食事に誘ってきたりもするので、出会って間もなくても二人きりになれたら告白のタイミングでしょう。

ただし、熱しやすく冷めやすいところもあり、恋がワンナイトで終わる可能性もあります。

本命視されるには、告白はしても即日で体を許さないことが大事です。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)タイミングより内容重視で

やぎ座の男性は賢くしっかり者なのに、恋には不器用なタイプ。

告白はタイミングよりも内容を重視したほうが良さそうです。

というのも、彼は駆け引きめいた質問や遠回しの言葉を、告白と受け止められないかもしれないから。

やぎ座の男性に対しては、とにかくわかりやすい言葉で端的に伝えることが大切でしょう。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)忙しくない時に

みずがめ座の男性は、仕事や趣味が忙しい時は恋愛の優先度を下げてしまいます。

どんなに情熱的な言葉で愛を語っても、彼には響かないでしょう。

「忙しいから後にして」と素っ気なく言われてしまうはず。

ですので、みずがめ座の彼に対しては、とにかく余裕がある時に告白すると良さそうです。

二人きりで会う時間があって、告白をどう受け止めるか考える心のゆとりがある瞬間を狙いましょう。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)ほかに好きな人がいない時

うお座の男性は、良くも悪くも来るもの拒まず。

彼女がいても強気で押し切られれば、なし崩し的に告白を受け入れてしまうことがあります

でも、むりやり受け入れさせるような告白で、キチンとした恋人関係を築くのは難しいでしょう。

うお座の彼に対しては、ほかに好きな人がいないことを確認した上で、返事を強要することなく告白すると良さそうです。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)