せっかく付き合ってるんだから、もっとスキンシップをとってほしい!

そんなふうに思ったことはありませんか?

もちろん、彼にとって彼女は特別な存在ですが、“つい触りたくなる”かどうかはまた別の問題かも。

彼女によく触るという男性陣の意見を参考にすれば、もっと触ってもらうためにできることが見つかるかもしれません。

髪の毛がとにかくキレイ

「やっぱり女の子は髪が魅力的。
目線的にも一番目に入りますし、髪が綺麗だと、触らずにはいられません」(32歳・男性・会社員)

「彼女が、絵に描いたようにキレイなロングで……。気付いたら触っています」(30歳・男性・カメラマン)

大好きな彼に、頭をナデナデしてほしい方なら、うらやましい話ですよね。女性の象徴ともいえる髪は、やっぱりキレイであればきれいであるほどいいようです。

キレイな髪を保つためには、日ごろの食生活はもちろん、乾燥や紫外線の対策もおすすめです。

タンパク質やビタミン、亜鉛といった栄養素が不足しないようご注意ください。

自分からも彼をよく触る

「彼女は話ながら、手や指を触ってきたり、なにかおねだりをするときは、腕や肩をギュッとしてきたり……。
伝えたいことがあるときは、より触ってくるようなので、こちらからもつい、触りながらという機会が増えたように思います」(28歳・男性・看護士)

待っているだけでなく、自分からも彼にタッチ!
こうすれば、ボディタッチのハードルがさがりますし、触れ合うことが、ふたりにとって自然なことになりそうです。

ボディケアを可愛く自慢

男性が「触れ合いたい」と思う女子の特徴ってどんなもの?

「『見て!今日めっちゃスベスベじゃない?』と、お肌自慢の彼女。なんだかキラキラしてるので、触らずにはいられません」(29歳・男性・飲食店勤務)

「『○○くんのためにがんばってるんだから!』と言われると、ありがたすぎて、可愛くて、いっぱい触っちゃいます!」(33歳・男性・自営業)

ときにはボディケアをアピールするのもひとつ。明るく可愛く自慢すれば、彼氏にとっても嬉しいものです。

海やプールなど、水着で肌を見せられるときや、おうちデートでのイチャイチャ中に自慢してみませんか?

彼好みの体型維持

「贅沢かもしれませんが、ちょっとつまめるお肉が残ってる感じが、“女”を感じて好きなんです。

彼女がまさにそんな感じ。ついつい触ってしまいます」(30歳・男性・製造業)

「ウエストのくびれラインがたまらなく好きで……。
彼女は毎日腹筋して維持してくれるので、つい触りたくなっちゃいます」(34歳・男性・サービス業)

男性が魅力的に思う体型と、女性が憧れる体型は違うことは、たびたび聞きますよね。

自分の理想はあるかもしれませんが、スキンシップUPを狙うなら、彼好みの体型維持も有効。彼のために努力なんていう姿もまた素敵です。

おわりに

大好きな彼女とはいえ、嫌われたくないという気持ちもあるのが男心。

スキンシップのハードルを下げてあげたり、触ってもらったときに幸せそうな姿を見せたりすれば、彼も安心して触ってくれるようになるはずです。

もちろん、内面の魅力を磨いていくこともお忘れなく!

(恋愛コラムのプロ集団・5656/ライター)

(愛カツ編集部)