告白してくれない彼

彼氏のことは……好き。

それは間違いないんだけど、なぜか一緒にいると疲れてしまう……。

実はこれ、30代にありがちな現象ってご存知でしたか?

今回は、そんなモヤモヤした恋を払拭して、もう一度幸せを感じるための方法をご提案。

心当たりがあるのであれば、ご一読いただければ嬉しいです。

彼氏といると疲れる……30代にありがちなモヤモヤの改善法

婚期、焦ってない?

30代ともなると、とたんに意識してしまう「結婚」。

筆者の周りにも、20代の頃は結婚の「け」の字も意識してなかったのに、30代になって急に婚活を始めた女性が、ちらほら見られます。

彼氏がいたとしても、「この彼と結婚できるの?」「早めに結婚を意識してもらうべき?」「他の男性との可能性も探るべき!?」という心の声が大きくなることもしばしば……。

30代になると、いまの幸せを感じることより、将来の幸せへの不安が大きくなって、気疲れしてしまうケースが多い傾向。

逆に捉えれば、将来のことをちゃんと考えている証拠と言えるかもしれませんね。

ひとりの時間とくらべてない?

大好きな彼だからこそ、アレコレ気を使ってしまうのは当然のことです。

デートの途中あたりから、なんだか疲れてしまい「早めに帰りたいな……」なんて思って、気を使わなくていいひとりの時間に、心地よさを感じてしまうことってありませんか?

たしかにひとりは気楽ですが、それはそれ。

彼と一緒の時間には、ひとりでいる時間とは別の幸せがあるはずです。

それなのに、ひとりの時間の気楽さとだけ比較してしまっていませんか?

「気疲れ」がピックアップされてしまうのは当然。

でもそれは、物事を片方からしか見れていないからかもしれません。

「私は私だから」と開き直ってない?

自信が持てないことや、変わることへの不安から「私は私だから」と開き直ってしまうケースもしばしば……。

こうなると、彼との価値観の相違や、理想の違いが浮き彫りになるたびに、「逃げ」や「拒否」をすることになって、疲れてしまいかねません。

人は成長し、変化するもの。

自分だけでなく彼もそうです。

絶えず変化するのが当然なのに、「私は私だから」と心を硬くしてしまうと、余計疲れてしまうかもしれません。

「彼といると疲れる」とまとめずに、解決できる妥協点を探してみませんか?

気疲れを理解することがスタート

人といれば、大抵の場合は疲れます。

これは事実ですし、「誰かを愛する」という行為においても、この疲れは必ずセット。

まずはこれを理解し、受容せざる得ないものです。

大切なことは「心が何に注目しているか?」ということ。

ひとりでいると気楽なことや、人といると疲れるといったことではなく、一緒にいることで感じる幸せや、ふたりでいるときしかできないことを考えてみませんか?

そうすれば、時折けんかしたり、疲れたと感じることがあったりしても、「でも、やっぱり一緒にいたい」と思えるようになるはず。

「疲れる」を理由に別れるとするなら、次の彼とも同じ理由で別れる可能性が高いように思うのです。

おわりに

30代になると職場での責任も大きくなり、結婚、出産といった、人生の変化を意識するようになるものです。

20代の頃より、もう一段階大人になったこの時期に、恋愛をどう受け止めるか……。

焦らず、基本的な幸せに焦点を合わせて、彼と一緒の時間を楽しむことを意識してみませんか?

(恋愛コラムのプロ集団・5656/ライター)

(愛カツ編集部)