「彼に会いたい!」これは、彼が好きなら当たり前の感情。

特に付き合いたてや、片思いのときなどは、気持ちを抑えるのが難しいこともあるでしょう。

でも、要求してばかりだとウザいと思われる不安も大きいですよね。では、どう伝えるのが正解なのか……?

今回はそんな「会いたい」気持ちを、彼に「ウザい」と思われずに伝えられる方法をご提案します。

これならウザくならない!「会いたい」の伝え方

テンションが高いときに伝える

ネガティブな感情は、自分が思っているより相手に伝染するもの。

・会えなくて寂しい→だから会いたい
・どう思われてるのか不安で不安でたまらない→だから会って確かめたい

こんな思いで伝えると、「寂しい」や「不安」が伝わって「会いたい」と伝えても、ネガティブな感情の押し付けになりがちです。

逆に、テンションが高いときに「会いたい」を伝えれば、彼も前向きに受け取りやすくなります。

・お給料も入ったし、週末に会えるのが楽しみ!早く会いたい!
・すごい面白い映画見たから、早く会って話したいよ!

こんな気持ちのときの、「会いたい」であれば、ウザがられるどころか、彼も会いたいなぁと思いやすいもの。

伝えるテンション次第で「会いたい」の意味が変わってくるのです。

「会えるのが楽しみ」をメインに

伝えるポイントも重要です。ただ、「会いたい」を伝えるだけでは、「なぜ会いたいのか」が伝わらず、彼を不安にしてしまうこともあるからです。

味のわからない、見たこともない食べ物を「食べて!」と強くすすめられると、信頼してる友達からであっても不安になりますよね。

そんなとき、「私も初めて食べたんだけど、すごいおいしいの!」と言われれば、安心すると同時にどんな味が楽しみになりませんか?

彼に対しても、「久しぶりに会って話せるのが楽しみ!」や、「目の前で○○くんの笑顔見るのが楽しみなの!」と、会える楽しみを具体的に伝えるのがおすすめです。

彼を褒めながら会いたいと言う

これならウザくならない!「会いたい」の伝え方

ついでに、会いたい理由に「彼のいいところ」もプラスしてみませんか?

「○○くんはいつもお話聞いてくれるから」や、「なんでもおいしそうに食べるから、○○くんとのゴハン、すごく楽しみなんだ」などはいかがでしょう。

きっと、「そんな風に評価してもらえるなら……、予定空けとこ!」と思ってもらえるかもしれません。

LINEなら、理由を付けず突然も◎

LINEのいいところは、文字だけで要件を伝えることができるので、「会いたい」と言っても、重くなりすぎることがないという点かもしれません。

一言で送れるLINEなら「ねぇ、会いたい」と突然送っても、「なに?どうしたの(笑)」と、冗談っぽく会話を始められるはず。

理由もなく、ふと夜に突然会いたくなることがあれば、筆者はLINEで丸投げしてみるのもアリと思うのです。

おわりに

この「会いたい」の伝え方をしたら、彼はどう思うかな?と一度考えてから伝えると、彼の受け取り方もグッといいものとなるはずです。

難しく考えず、彼が“嬉しく”“楽しく”なる伝え方かどうかを判断するだけでOK。これだけでウザさを回避できます。

上手に伝えられれば、そのうち彼から「会いたい」が飛んでくる日も遠くないはずです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)