愛情って、どんなときにあらわれるものだと思いますか?

もちろん、彼のことを愛している、その気持ちだけでも愛情ですが、やっぱりそれは伝わってこそ……。

愛情を伝えるには「行動」が欠かせません。

そこで今回は、どんなときに彼女の愛情を感じたのか、男性たちに調査してみました。

言葉よりも伝わる。男性が愛情を感じた彼女の行動3つ

疲れた彼氏の送迎をする

「最近は急な残業を頼まれることも多く、翌日はデートだというのに、その日も遅くまで残業。
明日朝早くに、彼女を迎えにいかないといけないのに……。と萎えていたんです。

すると、『大丈夫! 私が車出すから!』とのこと。
身支度にも時間がかかるのに、家まで迎えに来てくれました。
おかげで30分余分に寝られたうえに、車中でものんびりできて本当にありがたかったです」(28歳・男性・証券会社勤務)

彼氏の代わりにできることがあるなら、疲れている彼氏を気遣って自分がやる。

これを積極的に申し出れるのは、まぎれもなく愛。

彼氏の代わりになれることがあるなら、半分は負担してあげるのが正解です。

好きな料理をマスター!

「付き合いたての頃の話なんですが、彼女が好きな料理について、詳しく聞いてきたんです。
メモもとってたようで、なにかの面接のような感じでした(笑)

1ヶ月後、初めてのおうちデートで、彼女の部屋に招待されて、彼女が手料理を振る舞ってくれたんです。
僕の好きな和食がズラリ。味も最高でした。

実は料理が苦手だったという彼女。
一生懸命僕好みに作れるよう頑張ってくれたのがわかって、愛情が体に染みました」(33歳・男性・清掃会社勤務)

食事で彼に喜んでもらいたい……。

これは、将来結婚してもずっと続く愛情表現ですね。

料理が苦手でも大丈夫。

一生懸命努力する姿こそ、素敵に見えるものですよ。

彼が好きなものを覚えて作ってあげると、きっと今よりもさらに愛されるはずです。

母と積極的に仲良くなってくれた

「付き合ってしばらく経った頃、両親に彼女を紹介しました。
でも、母親は彼女にあまり好意的ではなく、その日もつっけんどんな態度。
彼女に謝ると、『全然大丈夫だよ~!』と言ってくれました。

その後も彼女は、母親と積極的に仲良くなろうとしてくれました。
次第にふたりは打ち解け合い、いまではすっかり仲良しに。
心の荷が軽くなり楽になりました。本当に彼女に感謝です」(28歳・男性・法律事務所勤務)

将来の姑……にもなるかもしれない彼氏の母親。

好意的に思われていないなら、なるべく関わりたくないと思うものですが、彼氏のために仲良くなるのもまた、愛情と言えそうです。

なかなかハードルが高そうですが、大好きな彼のためです。

そのときが来たら、あなたも頑張ってください。

おわりに

なんの努力もいらず、自然に愛を感じるなら楽ですが、ときには試練と思えるような出来事も……。

「好きだよ」と言葉にしてもらいたい女性に対し、男性は行動で愛を感じる方が多い傾向にあるようです。

どう行動すれば彼へ愛情表現できるか、みなさんも考えてみてください。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)