連絡ツールとして欠かせないLINE。

恋愛においても大切な連絡手段だからこそ、LINEひとつで未来が変わってしまう場合もあります。

LINEで距離が縮まることもあれば、LINEが原因で彼が離れてしまうことも……。

そこで今回は男性が思わず、非モテ女子だと認定してしまうような残念LINEをまとめました。

そりゃモテないわ……女子からの残念LINE4選

聞いてもいない近況報告だらけ

連絡がマメな女子は好かれる傾向にありますが、マメ過ぎるのは男性が疲れてしまう原因に……。

とくに、聞いてもいないのに近況報告ばかり送られてくると、男性も「なんて返事したらいいのかわからない」「正直ウザい……」と思ってしまうようです。

誰にでも、自分の話を聞いてほしいという気持ちがあるものですよね。

でも、好きな人には、その気持ちをぐっと抑えて、近況を聞かれたときに答えるようにしておくのが◎

連絡頻度も、彼の感覚に合わせるとやりとりがスムーズになるはずです。

読むのがしんどい長文LINE

男性は、気持ちを言葉にして伝えたり、長文を読んだりすることが苦手な傾向にあります。

そのため、読むのがしんどくなるような長文LINEも、男性が嫌う残念LINEのひとつ。

長文の場合、自分も同じボリュームで返信しないといけないと、プレッシャーを感じる男性も多いようですよ。

面倒くさいと一度思われてしまうと、その印象を払拭するのは簡単なことではありません。

長文は避けて、長くても5行程度の分量を心がけてみてください。

お節介なアドバイスLINE

無意識のうちにやりがちなのが、お節介なアドバイス。

たとえば、体調が悪いという彼に対して「いつも夜ふかししてるから」「野菜も食べないと!」とよかれと思って言ったことも、男性はお節介だと感じやすいのだとか……。

うえから目線で言われたり指摘されたりすると、男性のプライドを傷つけてしまう場合もあります。

自分のペースで生活したい男性が多いですし、「口うるさいお母さん」にならないよう要注意。

筆者もやりがちなので、「〇〇したほうがいいのに」「〇〇だからだよ」と、言わないように気を付けましょう。

返事するまでLINEの催促

返信しないといけない「義務」が生じてしまうと、男性は一気に面倒くさくなってしまいます。

面倒なLINEと思われてしまう典型的な例が、返信があるまでLINEを催促してしまうこと……。

執着心を感じさせるこの行動は、ウザいだけではなく警戒心も与えかねません。

返信しない男性に、やきもきしてしまうのは当然のことです。

でも、「連絡したいからする」という自由を与えたほうが恋愛はうまくいくのですよ。

返信がほしいときには、催促ではなく話題を変えたり、用件が明確な質問の内容でLINEしたりしてみませんか?

おわりに

男と女では、価値観が違うこともしばしば……。

誰にでも、知らず知らずのうちに残念な行動をしてしまうことがあります。

大切なのは失敗を活かすこと!

残念LINEを回避しておけば、きっと、好きな人とのやりとりがもっと弾むようになるはずですよ。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)