彼は自分に好意を持ってくれているとは思うんだけど、本命なのかどうかは確信が持てない…特に社交的な男性だと、彼の中での自分の位置づけがわかりにくいもの。

彼の態度で判断したいですよね!

男性の12星座別に、彼の本命女子とキープ女子への態度の違いを占います。

おひつじ座(3/21~4/19)…本命しかいない

ストレートな性格のおひつじ座の男性。

好きになったら、飽きるまではその女性が本命ひとすじ。

他の女性はキープどころか、恋愛対象としても目に入っていません。

ただ飽きるのが早く、すぐ次の本命女性を見つけるでしょう。

おうし座(4/20~5/20)…キープを作る気力なし

おうし座は慎重で確実性を大事にします。

本命女子を決めるには、それなりに物理的精神的に労力が必要なので、キープを作っている時間も気力もありません。

でも、本命がダメになったときのための「いいなぁ」程度の候補は作っています。

ふたご座(5/21~6/21)…キープ度に比例して適当に

人間関係が広いけれども浅いのが、ふたご座の男性。

本命女子、キープ女子、キープ女子二軍、キープ女子三軍…と、恋愛対象女性のすそ野はたいへんに広く、態度はだんだんと適当になります。

本命女子が複数いることもあるでしょう。

かに座(6/22~7/22)…そう変わりなく親切

かに座の男性にとって、本命と決めた女子は将来家族になるかもしれないと思う特別な女性。

でも、根が優しいので、本命女子にもキープ女子にも、時によっては通りすがりの女性にも、そう変わりのない親切な態度をします。

しし座(7/23~8/22)…本命には少しへりくだる

基本的には本命女子にもキープ女子にも、亭主関白を押し付けがちな、しし座の男性。

本命女子には、心の中で勝手に「捨てられるのは嫌だ(カッコ悪い)」という思いを持っているので、ふたりきりの時は少しへりくだることがあります。

おとめ座(8/23~9/22)…本命には説教

完璧主義のおとめ座男性は、本命女子には理想的な女性になってほしいと思うため、説教じみたお節介な態度が目立ちます。

キープ女子にも、目についたことへの小言は言いますが、本命女子に言うほどの内容ではないでしょう。

てんびん座(9/23~10/23)…態度を変えない

スマートに生きていきたい、てんびん座の男性は、恋愛中のトラブルは避けたいと思っています。

人生何があるかわかりませんから本命の他にキープもいますが、トラブルの元になるような、態度を変えたりすることはしないのです。

さそり座(10/24~11/21)…本命には100%オープン

本命だとさそり座男性が思えるようになった女性には、ほぼ100%心を開き、自分のことを知ってもらおうとします。

キープ女子とは、深く突っ込んだ説明はしないでしょう。

本命にキープの存在を知られたくないという気持ちもあります。

いて座(11/22~12/21)…キープには適当

魅力的な女性を「いい」と思ってしまうのは仕方のないことだと、いて座の男性は思っていますので、本命予備軍キープもたくさんいます。

でも、やはり本命に集中している間は、キープはあくまでキープ。

適当な態度でしょう。

やぎ座(12/22~1/19)…ばっちり差を付ける

現実的なやぎ座の男性。

態度も本命女性の優先順位は1位で、キープは2位と割り切っています。

時間のやりくりやちょっとしたお土産にも、ばっちり差を付けるのです。

が、特にキープにはその差を知られないようにクールに対応します。

みずがめ座(1/20~2/18)…本命には堅苦しい

みずがめ座男性は、恋人でも本命女子でもキープでも女友達でも、あまり差をつけた態度をしません。

しかし、本命女子には照れが先に立ち、一番堅苦しい態度を取ってしまう傾向があるでしょう。

キープには気軽で明るかったりします。

うお座(2/19~3/20)…誰が見ても「本命」

愛情あふれる魚座の男性ですから、本命女性への「好き好き」アピールは止めることができません。

誰が見ても「本命」だとわかるでしょう。

キープ女子もお気に入りなので優しくしたいのですが、本命よりはどうしても格下な態度になります。

さいごに

愛情表現はいろいろですが、彼なりに本命とキープに差をつけている星座が多いと言えます。

わかりにくい場合もあるでしょうが、ここはしっかり彼の態度を見極めて、自分が本命なのかキープなのかをはっきり把握しましょう。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)