手を繋ぎたくなる

結婚生活が長くなると、「マンネリ化しそう」「幸せ感が薄れそう」というイメージがある人も多いのでは?

でも、心がけ次第できっとハッピーな結婚生活は送れるはず!

今回は、実際に結婚から何年経過しても仲良く暮らしている夫婦に聞いた、普段から意識して発しているポジティブなフレーズを紹介します。

幸せな結婚生活を送る「仲良し夫婦」が意識して使うフレーズ

「ありがとう」

まず紹介するのは、基本中の基本といえるフレーズです。

「家庭でも夫婦で営んでるカフェでも、感謝の言葉はこまめに口にしてます。そのせいか、お客さんから『ほんと仲良いね!』ってめちゃ言われるんです(照)」(32歳男性/カフェ経営)

結婚生活が長くなると家族感が増して、相手がしてくれることをだんだん当然と思うようになりがちです。

いくら夫婦でも傲慢にならないように、「ありがとう」の語源である「有り難い」という気持ちを忘れないことはやはり重要!

「かわいいよ/素敵だね」

つづいては、相手をアゲるフレーズです。

「夫婦そろってファッション好き。『今日のコーデもかわいい♡』『あなたの格好も素敵!』って毎朝ほめ合うのが、結婚から5年経っても恒例行事です(笑)」(27歳女性/アパレル店員)

お互いへの関心が薄れないように、相手の小さな変化を察知&評価するクセづけは大切!

毎日はムリでも、新しい髪型や洋服に気づいたらすぐ言葉にして伝えることで、夫婦がいつまでも新鮮な気持ちを保てそう。

「それでそれで?」

会話を膨らませるフレーズも大切ですよね!

「最低4回は会話のキャッチボールをすることが夫婦間のルール。『それでそれで?』『その後どうなったの?』と質問して、話のオチまで必ず聞くようにしてます」(33歳男性/銀行員)

どちらかが話題を振っても、「ふーん」「そうなんだ」というリアクションでは話がそこで終了しそう。

逆に、その後の展開に興味がある感を出せば、「パートナーに話をすることが楽しみになる=会話の絶えない関係になれる」のかも!

「代わりにやっておくね」

「代わりにやっておくね」

最後に紹介するのは、忙しい相手を助けるフレーズです。

「家事と育児で一杯一杯のとき、空気が読める夫の『それやっとくよ!』の一言が嬉しい!ぼーっとしてる私も見習って、夫のニーズを先読みする努力をしてます」(29歳女性/主婦)

何かができていない状況を指摘するだけでは、家庭内がギスギスしがち。

それよりも、「今大変そうだな」と感じたら、できる範囲で手助けし合える夫婦関係が理想ですよね。

これは、恋人期間のうちから練習できそう!

>>【おすすめの関連記事】仲良し夫婦に聞いた!結婚してもずっと楽しく暮らせるコツ

ポジティブなフレーズで幸せな結婚生活をキープ!

幸せな結婚生活を送るために必要なのは、何も特別な言葉ではありません。

大事なのは、ポジティブなフレーズを口にする意識と頻度。

幸せな結婚生活につながるよう、恋人時代からパートナーの様子を観察して、自分が言われたら嬉しいフレーズを先にかけるクセづけから始めてみては?

(愛カツ編集部)