職場という狭い世界には、恋愛の作法というものがあります。

今回は、職場でモテたいのならやってはいけない言動についてお届けします。

職場はもとより、大学など「ある特定の集団」すべてに通じる恋愛作法です。さっそく見ていきましょう!

職場でモテたいのならやってはいけない言動とは?

ふたりの男子を同時に好きになってはいけない

まあ、これは至極当然のことではあるのですが……偶然にも、職場で好きな男子が2人できてしまったという人もいると思います。

あるいは、好きな男子に好きになってもらうために、あえて他の男子と仲良くして、仲良くしているうちに、なんとなく2人とも好きになってしまった、という女子もいると思います。

でもやっぱり、そんなの百害あって一利なしです。

男子は対抗馬がいたら燃える、とよく言われるけれど、それは職場という狭い世界では通用しません。

狭い世界でそんなことをしたら、彼は「なぜ彼女は、俺と他の男とを競わせるようなことをするのだろう」「なぜ俺が嫉妬心を抱いてしまうようなことをするのだろう」としか思わないのです。

で、あげく、「恋多きヤバい女だ」と彼が思うにいたり、付き合えないという結果に!

いつも女子どうしでつるんではいけない

いつも女子どうしでつるんでいたら、彼があなたに話しかける隙がないじゃないですか。

それに、男子は、女子がつるんでいるところを見たら「陰で俺はどんな悪口を言われているのだろう」と邪推してしまうんですね。

なので、職場でモテたいのなら、女子どうしでつるむのではなく、健全に男女で交流している様子を彼に見せたほうが得なのです。

すれ違っても挨拶しない

すれ違っても挨拶しない

恋愛以前に、社会人としてどうなの?というものですが……職場で好きな男子ができると、思わず「好き避け」してしまう女子もいるでしょう。

たとえば、先日の飲み会では、お酒の勢いもあって、彼と仲良く話ができたのに、今日廊下で彼とすれ違ったときには、思わず好き避けして挨拶もしなかった、目も合わせなかった……。

そうとなれば、もう彼のあなたに対する心象は悪いものになります。

「この子、なぜ俺のことを避けるのだろう?」などと思ってしまうのです。

「好きだから今度一緒に飲みに行こうよ」と、彼にいつか言いたいのなら、まずは挨拶から!

恋愛の話をまったくしない

いま職場以外の場所で彼氏がいる人は、たまには会社でその彼氏の話をした方がいいです。

彼氏がいない人は「恋人募集中です」と、同僚に言った方がいいです。

職場という狭い世界にあっては、誰に彼氏がいるとか、誰が彼氏を探しているというウワサがあっと言う間に広がります。

また、彼氏がいる人は、たとえば「彼氏は10個年上だけど、じつは年下と付き合いたいと思ってるんだ」とか「彼氏がお泊りデートしてくれなくて」などと、具体的に誰かに言った方がいいです。

そういう「困りごと」も、瞬く間に職場中に広がります。

その広がった情報を、あなたが気にしている職場のかっこいい彼が耳にしたら……彼から「金曜日、飲みに行かない?」なんて誘われるかもしれません。

「俺、年下だから飲みに行こうよ!」なんて言われたらラッキーですよね?

逆説的にいえば、あなたに関する情報が何もなければ彼はどうすることもできないということです。

おわりに

職場という狭い世界におけるウワサって、恐れるためにあるのではなく、活用するためにあります。

つまり「ウワサが怖いから好きなあの人と付き合えない」と恐れるのではなく、「好きなあの人を振り向かせるためにウワサを活用しよう」と思うべきだということです。

誰と誰が付き合ってもウワサになります。当然、嫉妬する人も出てきます。

でもいいじゃないですか。愛はいつも、ネガティブさに勝つのです。

(ひとみしょう/作家・コラムニスト)

(愛カツ編集部)