まだまだ素直に「会いたい」とLINEするのが照れくさいとか、勇気がないというあなた。

「彼の方から『会いたい』って言ってくれないかな……」と思うこともあるのでは?

では、どんな言葉を送れば彼氏の方から「会いたい」と言ってもらえるのか、考えてみましょう。

彼に「会いたい」と思ってもらえるLINEメッセージとは?

「すごく良いことがあったの」

「今日すごく良いことがあったから、このまま寝るのがもったいない!」

たとえば、こんなLINEを送ったら、彼はあなたにどんなことが起こったのか気になるでしょう。「なになに?どんなこと?」とすかさず聞いてくれるかも。

そこですぐに教えてあげるのもいいですが、「LINEでは言いたくないな~、次会ったときに言うね!」ともったいぶるのもおすすめ。

「眠れないほど良いことってどんなことだ?しかも俺以外が原因なんて!」と、彼の興味はますます高まることに……。「早く会いたいな」と思ってくれるはずですよ。

「顔見て元気もらいたい」

先ほどとは逆に、辛いことがあったということを匂わせるのもアリです。

実際、落ち込んでいる時は、彼氏に会って元気をもらいたいですよね。

「もうガッカリ。○○くんの顔見て元気もらいたい~」と伝えることで、彼もあなたに何があったのか気になり、自分が出来ることならしてあげたいという気持ちになるでしょう。

「LINEだと長くなっちゃうし、うまく書けない」と加えると「会って話を聞こうか?」という流れになりやすいです。

もしその日すぐには会えなくても、「会った時に話すね」と送ることで、彼はなるべく早くあなたに会えるように努力するはずです。

「本当に○○くんはすごい!」

彼に「会いたい」と思ってもらえるLINEメッセージとは?

これは、彼が仕事で成果を挙げたなどのお祝いムードの時はもちろんのこと、彼が落ち込んでいる時でもOKです。

男性は「すごい!」と彼女に言われると、自尊心が満たされてとても良い気分に。「直接会って、もっと褒めて欲しいなぁ」という気持ちになるのです。

彼が落ち込んでいる時も効果的というのは、この言葉で「彼女はやっぱり分かってくれる」と思えてとても励まされるからです。

いずれの場合も、LINEで「すごい」と言われたら、彼は子どものようにもっとあなたに認めてもらいたい気持ちから、実際に会いたくなるのです。

ちょっとしたことでもいい

自分が嬉しかったことや辛かったことは、早く彼氏に伝えたいとLINEですぐに内容を送ってしまう人も多いと思います。

「彼に会いたい」と特に思う時は、そこをこらえて内容を送らずに、会いたい気持ちを匂わせる言葉を送ると彼の方から会おうと言ってくれる可能性が高くなります。

実際に内容はちょっとしたことでもいいのです。

会った時に「なんだ、そんなことか~」と言われて一緒に笑えるのも、幸せなことですから。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)