「あざとい女子」って、女子には嫌われているイメージですよね。

「男子も、あざとすぎる女子はさすがに嫌いでしょ?」と思いがちですが、彼らは分かっていても、落ちちゃうことも。

「男ってバカよねー!」と愚痴ってばかりいないで、まずは行動してみましょう。

「あざとすぎると分かっていても、男子が落ちちゃう行動」を3つ、ご紹介しちゃいます。

「あざとすぎるくらいがいい!?」分かっていても男子が落ちちゃう行動

1:突然泣き出す

「人前で泣くなんてありえない!」と思っている人も多いかもしれませんが、あざとすぎる女子は、平気で男子の前で泣くんです。

「感動しちゃった」「実家で飼っているペットのこと考えたら泣けてきちゃった」なーんて可愛い理由を言って、男子は突然の涙に戸惑いつつも「心が綺麗な子なんだな」「俺が守ってあげる」と、秒で落ちてしまうことも。

女子から見たら「嘘泣きじゃない!?」「そんなことで普通は泣けない」とひんしゅくをかいそうですが、感情を素直に出すことで、男子は父性本能をくすぐられてしまうのかもしれません。

あなたも泣きたいことがあれば我慢せず、男子の前でポロポロと泣いちゃってください。

ただし、あまり大人数の前だと、空気がおかしくなることもあるので、最低限場面だけは考えてくださいね。

2:耳元で小声で話す

次に、合コンなどで隣になった男子に、いきなり耳元でしかも小声で喋ってみて。

周りに聞こえないような声、耳元まで寄らないと聞こえないとなると、必然的に距離が近くなるのは当然。

男子は突然の近距離にドキっとして「もしかしたらイケるのかも」と、勘違いしてしまうかも。

「合コンよく行くんですか?」「私、人見知りなんですよね」など、些細なことでいいので、男子の耳元でひそひそしてみましょう。

周りから見たら、「なにあの行動」「あの2人、イチャイチャしてない?」なんて思われてしまいそうですが、もう相手はあなたにたじたじかも……。

3:自分だけにボディタッチ

3:自分だけにボディタッチ

ボディタッチは、あざとい行動によくありがちですが、気になる人、狙ったターゲットにだけボディタッチをすることがもっとあざとい行動に。

誰にでもベタベタ触っていたら「アイツにも同じかよ」「誰にでも媚び売ってそうで無理」となってしまいそう。

「この人!」と決めたら、その人にだけさりげなく腕を触ってみる、立つ時に肩を借りるなど、その場所では1人だけにしてくださいね。

そうすることで「俺だけ特別かな」と思われますし、周りも「あの子アイツ狙いなのかな」と目的がわかりやすくなることも。

逆に男子がみんなに同じように口説いていたら引いてしまいますよね。

だから、気になる男性にだけやることがポイントですよ。

どうせやるなら徹底的に!

「モテたい!」「好きな人を落とす!」と決めたなら、徹底的にあざとすぎるくらいに仕掛けてもいいのかも。

そこまでやると、男子も分かっていても「自分のために一生懸命で可愛い」と思って落ちちゃうことも。

開き直って「私、モテたいし!」とあざとい行動を徹底していると、女子も「あっぱれ!」とむしろ見習いたい側になるかもしれません。

とことん、あざとさに磨きをかけて、百戦錬磨を目指して!

(ライター/麻生アサ)

(愛カツ編集部)