ネガティブな女性は男性に嫌われがち。一緒にいて楽しいのはやはりポジティブな相手。

しかし、やめようと思っても、自分では気づかないうちにネガティブな発言をしてしまっている場合があります。

そこで今回は男性が女性にネガティブさを感じる瞬間を聞いてみました。

ネガティブな女性は嫌!男性が女性にネガティブさを感じる瞬間

①彼の顔色をうかがっている

「顔色を伺ってくる女性っていうのは一緒にいて一見、人当たりがいいんですけど、嫌われたくないっていうネガティブな雰囲気を醸し出しているんですよね。

そういう人とは会話しててもあまり面白くないです」(Aさん・27歳男性)

たとえば、「どこ行きたい?」と言われて「〇〇くんの行きたいところでいいよ」という感じの回答はNGというわけ。

男性からすると相手の意見を聞きたいから質問したわけですからね。

なので、行き先に希望がないなら、「じゃあ、一緒に考える?」という返事の方がベターでしょう。

②何事にも心配性

「心配性な女性と一緒にいると、こちらも行動が制限されてしまうので、結構面倒くさいと思ってしまいますね。

どちらかというと、『やってダメならその時はその時』くらいの感じのほうが楽」(Sさん・29歳男性)

たとえば、やりたいことがあって真剣に転職を考えている相手に「その仕事、大丈夫なの?」とブレーキをかけてしまったり、「この洋服、似合ってるかな?」と必要以上に時間をかけてしまうような場合は要注意。

心配しても解決しないものなら、心配するだけ損というものです。

>>【おすすめの関連記事】めんどくさい女?男が嫌がる女子のネガティブ発言とは

③悪いことばかりに目を向ける

「悪いことばかりに目を向ける人っているじゃないですか。
そうせならいいところに目を向けて楽しめばいいのに、ネガティブなことを言われるとため息をつきたくなる」(Uさん・30歳男性)

たとえば、高級レストランに行ったときに「でもこの席、夜景見れないね」と言ってしまったり、旅行の帰り道に渋滞にハマってしまったときに「これなら出かけなければよかったね」という発言はNG。

デートプランを考えた方は「せっかく、彼女のために色々考えたのに…」と、悪気はなくても否定されて気分になって落ち込んでしまいます。

④人と比べる

ネガティブな女性は嫌!男性が女性にネガティブさを感じる瞬間

「他人と比べられるのはきついですね。たとえそれがポジティブな発言だったとしても、ネガティブにしか聞こえない。

たとえば、『友達はクリスマス家で過ごしたんだって。私達は高級レストラン。勝ったわ~』とか」(Kさん・28歳男性)

デートや恋愛というのは、本人たちが楽しければそれでいいもの。他人と比較する必要はありません。

どんなことだろうと、自分たちには自分たちなりの幸せがあると認識することが大切。

特に、元カレや友人のカレとは比較しないこと。一発で別れに繋がる危険性があります。

そのネガティブな発言には根拠があるか考えよう

今回はネガティブな発言についてご紹介しました。

ネガティブな人といると自分までネガティブな気持ちになってきてしまって、折角の楽しい気分が台無しに。

たとえば、男性とのデートがいまいち盛り上がらない等の経験がある人は、デート中にネガティブな言動がなかったか振り返ってみましょう。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)