付き合いも長くなれば、親に紹介するという場面も出てくるでしょう。非常に緊張感も漂います。

できれば、彼の気分を少しでも楽にしてあげたいですよね?

そこで、“彼を気軽に親に会わせる手順”について、経験した男性の意見をもとにご紹介しましょう。

普段から名前が出ていることを伝える

「彼女と付き合って1年。彼女の両親と顔を合わせることになりました。緊張すると思ったけど、意外とそこまでじゃなかったんですよね。

以前から彼女が、『うちでよく名前が出てる』と言ってくれてたので、そのおかげでちょっと気分が楽でした」(30歳/生保)

名前が出ているということは、どこぞの馬の骨か分からない…という状態ではないということ。

ある程度の予備知識を持ってくれているのであれば、少し緊張は緩和されるようです。

まずは母親から

「彼女のお父さんは単身赴任中なので会うのはお母さんだけ。そのせいもあり、会うときはあまり緊張しなかったですね。

やっぱり、お父さんのプレッシャーがないというのは、大きいかな」(34歳/人材派遣)

男性にとって、彼女の父親の存在は脅威。できることなら会いたくないぐらいかもしれません。

なので、最初は父親なしで、母親だけに会わせるといいかも。ワンクッション置くことで、気が楽になるはず。

短時間で挨拶程度に

緊張しないで…彼を気軽に「親に会わせる」手順

「彼女とのデート中でした。彼女の両親が近くに来ていると言うんです。なんでも、2人で芝居を見に来ていると。

で、急遽お茶をすることになりました。もちろん緊張したけど、時間が迫っていたらしく、20分ぐらいで行ってしまったので助かった」(28歳/デザイン)

短時間で挨拶程度であれば、多少緊張したとしても、耐えられるでしょう。

なので、あらかじめ制限時間を決めておくというのも、ひとつの手段かも。それを徐々に伸ばしていけば、慣れやすいかもしれませんね。

彼の知っているお店で

「彼女の両親と会うというとき。場所をどうしようという話になりました。彼女の家か、ちゃんとしたお店か…と思ってたら、僕の知ってるお店で会おうということになりました。

それで少し気分が楽になりました。よく使っている、庶民的な中華のお店にしました」(32歳/介護)

会うのが彼女の家となると、彼氏としては完全アウェーの状態になります。それはさすがに気が重い。

彼の行き慣れているお店にすれば、一応ホームです。勝手も分かっているので、少しは優位性も保たれるでしょう。

おわりに

初めて両親に会うとなれば、彼が緊張するのも仕方ありません。

ただ、その場を設けるだけでなく、少しでも緊張を和らげてあげるようにするのも、彼女の役割かもしれませんよね。

(大木アンヌ/ライター)

>>【おすすめの関連記事】「母に会わせたい!」なかなか結婚してくれない彼がその気になった方法

(愛カツ編集部)