その人の行動や言動には、それまで生きてきた生活観や環境がにじんでくるものです。

どんなに見た目が綺麗でも、育ちが悪いと感じさせるような内面が露呈したとき、男子は“夢”から覚めてしまいます。

ある程度の育ちの良さを感じさせるのは、恋愛においてもポイントになってくるものなのです。

そこで今回は、「デート中にアピールできる!男性に『育ちがいい』と思われるテクニック」をご紹介いたします。

デート中にアピールできる!男性に「育ちがいい」と思われるテク

ブランドにこだわらず素材や質でアイテムを選ぶ

男子が最も見ているものといえば、女性の金銭感覚といっても過言ではないでしょう。どんなに魅力的なパートナーでも、浪費傾向が高い女性は品がないと認定されると言えます。

それは、お金が時間や労力を短縮するアイテムだからです。育ちがいい女子は、理想の生活に近づけるためにお金を“活用する”という発想を持っています。

そのため、ブランド物で武装したりせず、自分に似合っているものをチョイスし、素材や質のいいものを身につけています。

そこに男子も安心感と魅力を感じるのです。

家事能力の高さがナチュラルに感じられる

育ちがいい女子は、お米も研いだことがない…… なんて思われがちですが、実際はそうではありません。本当にいい育ちの女子は、母親との関係性が密なので家事を実際に目の当たりにしています。

そのため、ナチュラルに家事能力が高いことが多いと言えます。そして、男子は女子の家事能力をよく見ているため、料理や炊事がダメダメだとげんなりしてしまいがち。

家庭的であることは育ちのよさのバロメーターなのです。

もしも自信がなければ「今はできないけど、これから勉強していく」という姿勢を見せればOK。要するに、成長の可能性を暗に示せばいいのです。

食の好みに偏りがなく嗜好品を好まない

食の好みに偏りがなく嗜好品を好まない

付き合いの中で、何度も一緒に繰り返すものと言えば、まず「食事」が挙げられますよね。食事は人間が生きていくうえで欠かせないもの。一般的に考えると、最も多い“共同作業”だと言えます。

育ちの良さは、まさにこの食事に最も反映されるところ。一番わかりやすいのが「好き嫌い」や「偏食傾向」がないところに表れます。

何でもおいしく食べることができる女子は、男子にとって安心できる存在であり、育ってきた環境を思わせます。

食の好みは幼児期に形成されるため、偏食でなく嗜好品(タバコ、過度なお酒)を好まないのは母子関係が豊かだと思わせられるのです。

過去の恋愛遍歴をオープンにしない

人には知らないことを知りたがるという性向があります。しかし、だからと言って自分の元カレのことや過去の恋愛遍歴をオープンにするのは、マイナスでしかありません。

過去の恋愛話をするというのは、自分はこんなすごい恋をしてきたという自慢の気持ちが強くなる傾向が高く、承認欲求と劣等感が絡むことが多いのです。

そのため、単なる自慢話もしくは悲劇話になりやすく、脚色された会話の中で「この子って何だか難しい子なのかも……」と感じさせるきっかけをつくる恐れがあるのです。

そのため、育ちの良さをアピールしたいなら、自分から過去の恋愛遍歴を語ることは避けましょう。

尋ねられて少し触れる程度がベストです。「親しき仲にも礼儀あり」の精神は忘れてはいけません。

おわりに

育ちがいいというのは、別にお高くとまって見せるということではありません。成金主義のような振る舞いでは、むしろ育ちの良さを感じさせることはできないでしょう。

真の育ちの良さは、その人の行動や言動から、その人が生きてきた温かい家庭環境が見えることを指します。

そんな育ちのいい女子だと思ってもらえれば、男子は安心感と同時に「守ってあげたい」という思いにかられるはずです。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

>>【あわせて読みたい】星座別・男性に好かれやすい「上品な女性」ランキング