今年もそろそろクリスマスがやってきます。

クリスマスってやっぱり、恋人たちのイベントとして、どこか特別なものではないでしょうか。

とはいえ、気合を入れすぎてしまうと、自分の気持ちや期待が出すぎてしまい、思っていたのとは違う……と感じてしまうかも。

せっかく楽しい日になるはずだったのに、それじゃもったいないし、残念ですよね。

そこで今回の記事では、お互いに無理せずにできて、じんわりと心があたたかくなる「クリスマスだからこその彼との過ごし方」をご紹介していきます。

クリスマスだからこそ、じんわりと嬉しくなるような彼との過ごし方

“恋人つなぎ”デビュー

それまで彼との距離感がつかめなくて悩んでいた人は、思い切って”恋人つなぎ”デビューしてみるのがおすすめです。

普通に手をつなぐのではなく、しっかりと指を絡める安心感のある手のつなぎ方です。

密着度が多く彼との距離が近づくので、うれしさや満足度はお互いに高め。

さりげなくつないだ手を自分から絡めて、しっかりと握り返してみましょう。

彼にもたれる、肩を寄せ合って歩くというやり方だと、人目が気になる上に歩きにくく、男性は嫌がる人が多いですが、恋人つなぎならOK! というケースは多いです。

憧れの恋人つなぎにチャレンジしてみましょう。

クリスマスイベントは恋人の証?

イルミネーションやイベントなど、クリスマスはどこも盛り上がっていて、女性からすれば「いつかは彼とクリスマスイベントに行きたかった!」という憧れを持つのは当たり前。

しかしこういったイベントでは、どこも人混みに疲れてしてしまうので、男性からすれば避けたいイベントでもあります。

「彼女が行きたいというから。」「彼女の機嫌が悪くなるから。」という感じで、しぶしぶ来ている男性も多いでしょう。

彼女の願いを聞いてくれた彼氏にできることは、「笑顔でいること」です。

そして一緒に来てくれた彼に対して、本気でうれしがっている姿を彼に見せること。

「一緒にこの景色を見たかったんだ!」とお礼といっしょに気持ちを素直に伝えると、彼もきっと喜んでくれます。

少しのことで機嫌が悪くなったり、自分が人混みに機嫌が悪くなってしまうのはNGです。

プレゼントはあえて一緒に買いに行く

プレゼントはあえて一緒に買いに行く

どちらかがサプライズで用意するのもいいですが、片方が「プレゼントは内緒!」といってしまえば、もう片方はプレッシャーになってしまいます。

プレッシャーにもならず、負担にもならないおすすめプレゼントはいつも使う物をおそろいにしよう!」と一緒に選びに行くのもがすすめ。

おそろいの日用品といえば、マグカップやキーホルダーなど毎日使うものを、さりげなくおそろいにできるうれしさもプラスされます。

その時のうれしさや記念は、ずっと続いていくはずですよ。

彼とクリスマスイベントを楽しむ

クリスマスは、「(たとえ彼に無理をさせたとしても)楽しみたいイベント」ではありません。

お互いに無理のない範囲で、いつもよりちょっとだけ特別感を出しつつ、彼とひとつの思い出を作れるように意識してみてくださいね。

きっと、お互いにもっと好きになれるひとときを過ごせるはずです。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)