ナルシスト男の特徴

恋愛をしていると倦怠期がやってくることがあります。マンネリ化も別れに繋がってしまう一つの原因。

彼氏とは別れたくなくても、彼氏のほうが別れたいと思ってしまうこともあるでしょう。

そんなとき、どのように引き止めればいいのか難しいはず。

そこで今回は、彼女から言われて思いとどまったセリフを男性に聞いてきました。

「考え直そうかな…」別れたいと思う彼氏を思いとどまらせる方法

「もう1日だけ待ってくれない?」

「喧嘩して、カッとなって『もう別れよう』って言ったときに『もう一日だけ待ってくれない?』って言われてたことがあります。一日たったら、喧嘩した内容がどうでもよく感じて別れるほどでもないなって思い直しました」(Kさん・28歳男性)

喧嘩してカッとなった彼が勢い余って「別れ」を口にした場合、一日様子を見るというのは有効なようです。

LINEで喧嘩になって別れ話に発展してしまったときも、「週末に会って話そう」と日をおくといいかもしれません。

「美味しそうに料理を食べてくれる顔が好きだった」

「彼女と別れようかなって思っていたときに、『距離を置いてみない?』って言ったことがあります。そのときに、『美味しそうに料理を食べてくれる顔が好きだった』って言われたときに、彼女の手料理が食べられなくなるのかと思って考え直したことがあります」(Uさん・27歳男性)

料理の腕が自慢であれば、そのことを匂わせる発言は有効なようです。

胃袋を掴んでおけば、喧嘩になっても彼が思いっとどまってくれるはず。

他にも、「別れ話をしようと思って彼女の家にいったら手料理が出てきて、それが旨くて別れ話をせずに帰ったことがあります」という人もいました。

「最後の人にしたいと思ってた」

「最後の人にしたいと思っていたって言われたときは流石に考え直しました。もともと彼女が嫌いになって別れようかと思っていたわけではなく、マンネリ化しちゃって新鮮味にかけていたんです。だから、『そういう方法もありか』とも思いました」(Tさん・31歳男性)

別れを切り出した彼に、自分がどれくらい真剣だったのかを伝えてみるといいかもしれません。

付き合った年数が長いほど、効果的なセリフとなります。

マンネリ化して別れるのではなく、次のステップに進んで見るのも一つの方法です。

「好きでいてもいい?」

「好きでいてもいい?」

「自分に好きな人ができて、それで彼女に別れようって伝えたことがあるんですけど、そのときに『好きでいてもいい?』って言われて考え直したことがあります。『ふざけんな』って言われるかと思っていたので、逆に罪悪感が芽生えました」(Tさん・26歳男性)

どちらかに好きな人ができてしまって別れることもあるでしょう。

「尽くしてきたのに、そんなの酷い!」と彼を責めたくなる気持ちは分かりますが、「好きでいてもいい?」とありったけの想いを込めて行ってみるのも手。考え直してくれることもあるようです。

別れたい理由によってセリフを使い分けよう

今回は別れたいと思う彼氏を思いとどまらせる方法をご紹介しました。

別れる理由はカップルによって様々。そのため、どんな理由で彼が別れたいと思っているのかを確かめてみることが先決。

それによって、彼に伝えるセリフを使い分けてみるといいかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)