お互いに好き同士でも、別れてしまうカップルはこの世にごまんといます。

「あんなにラブラブだったのに、一体どうして……?」

SNSや知人などを傍から見ていて、そんな印象を抱いたことのある人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、意外とすぐに別れてしまうカップルの特徴について考えてみました。

すぐに別れてしまう意外なカップルの特徴とは?

(1)ふたりの関係を客観視できていない

本気で恋をしていると、好きな人がどんなことをしても良く見えてしまいませんか。

悪い例を出してみると、相手が無職でもかっこいい&かわいく見えてしまう。厳しい暴言を吐かれても、好きの気持ちがあるから気になりづらい、などでしょうか。

好きだから、周りが見えなくなってしまう状態は、恋をしている人なら多かれ少なかれ経験することだと思います。

しかし、あまりに“恋は盲目”が過ぎてしまうと、その恋はうまくいきづらいでしょう。

お互いの相性を図ったり、相手の人となりを把握するには、多少なりの冷静さが不可欠です。それこそ結婚の場合は、より現実的に相手のこと、お互いのことを考えなければいけませんね。

恋をしていると、つい浮足立ってしまいますが、それでも冷静に関係を客観視できたほうが、落ち着いた付き合いができると思います。

すなわちそれは、続くカップルの要件ともいえるのではないでしょうか。

(2)相手に気持ちを伝えられない

(2)相手に気持ちを伝えられない

好きという気持ちがあると、自分の本音を言いづらい瞬間ってありませんか。

特にまだ付き合ったばかりで、関係が出来上がっていないうちは、そういう瞬間が多いでしょう。

「こんなことを言ったら、相手に嫌われちゃうかもしれない」「ヘンな風に思われたらイヤだな」などと、自分の気持ちを飲み込んでしまう……。

しかし、言いたいことが言えない関係は、残念ながら別れのリスクが高くなってしまうと思います。

誰だって何かしらの想いを抱えて生きているもの。それを職場の仲間、友人、家族など。

話ができることで、ストレスが解消できたり、悩みが解決できたりするのでは?

特に恋人は最も距離が近く、プライベートな存在。ゆくゆくは、生涯にわたってお互いを支え合うパートナーになり得る存在です。

そうした相手に本音を言えない、注意ができない、悩みを吐露できない……となると、やはり関係はうまくいきづらいのでしょう。

>>【あわせて読みたい】彼女たちは「しない」主義?彼氏に大事にされる女子の共通点

おわりに

どんなにラブラブに見えても、こうしたポイントができていないカップルは、別れが近いかもしれません。

カップルはラブラブだから仲がいいのではありません。お互いに酸いも甘いも嚙み分けられる、なくてはならない存在だからこそ、仲がいいのです。

ぜひいい人ができたら、こうしたポイントを成し得るカップルになれるといいですね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)