気になる彼との初デート。楽しい夜を過ごせたけれど、その後連絡はなし……。

よく聞く話ですよね。でも、そんなに悲観的に考えることはありません。デートのやりとりに“ワンクッション”置くだけで、彼の心を惹きつける可能性があるのです。

そこで今回は「初デート後に男性に“また会いたい”と思わせる心理テクニック4つ」をご紹介いたします。

初デート後、男性に「また会いたい」と思われる心理テク4つ

まずは趣味から相手との“共通点”を探る

初デートでの話題は、何といっても趣味に関する話が定番。自分と相手との共通点を発見することができれば、好感を持たれるように。

でも、何となく知っているといった浅い程度の趣味を共有するだけでは、そこまで好感触を与えることはできません。

似ている項目が多くてもその類似度が低い場合は、好意度はそれほど高まらないのです。

そのため、初デートで趣味の話をする場合は、ひとつかふたつの共通した趣味だけを掘り下げるようにしましょう。

そうすれば、また会いたいと思われるはずです。

自分の失敗談をあえて話のネタにしてみる

普通なら、誰もが自分のダメな点を気になる相手には言いたくないものですよね。ましてや初デートならなおのことでしょう。

しかしこれを逆手にとり、あえて自分にとって不利な情報を開示することで、相手に好感を抱かせるという心理テクニックがあるのです。

例えば、休みの日に会社だと思って準備しちゃった、などちょっと笑える程度の話がいいでしょう。

自分の失敗談をさり気なく混ぜることで、誠実さをアピールし彼の印象に残すことが可能なのです。「初対面なのにこの子は心を開いてくれているんだ」と、好感をもたれるはず。

食事の際は美味しそうに食べてみせる

食事の際は美味しそうに食べてみせる

初デートでは、気になる彼を目の前にして緊張すると、食欲がなくなりますよね。初デートでの食事では、どうしても食べ物がのどを通らないかもしれません。

でも、それは相手から見ると自分と一緒にいると楽しくないのかと思わせるアクションになってしまいます。

そこで、たとえたくさん食べることは難しくても、美味しそうに食べるように意識してみましょう。

心から「このごはん、おいしー!!」と笑顔で話すことで、彼の心をつかむことができるでしょう。一緒に幸せな食事の時間を共有できれば、また誘ってくれるはずです。

おあずけをすることで相手の興味を引く

初デートの際に忘れてはいけないポイントがあります。それは、煮え切らない態度の相手に“おあずけ”をすることによって、逆に興味を引くことができるというやり方。

例えば、また誘うかどうかの今後の関係性について期待させるようなそぶりを見せてから、一線をキープして相手に我慢させてみましょう。

きっと相手はあなたへの関心を増幅させ、より強くあなたに会いたいと思うはず。すぐに結論を出したり、自分から迫るとうまくいくものもうまくいかなくなってしまいます。

そこで、「また会いたいなぁ」と呼び水を出し、彼の反応を待ってみるのが吉なのです。

おわりに

一般的な初デートを考えてみましょう。お昼過ぎに会って映画などを楽しんだあと、夕食を一緒に食べるという流れの場合、早めに夕食が終わってお店を出ますよね。

あとは向こうからの2軒目の誘いを待ちます。そして、いざ誘ってきたら「今日はダメ」とおあずけして、その日は帰宅する勇気を持ちましょう。

気持ちが盛り上がってきたところで拒否された相手は、あなたへの期待感を持ったまま別れることになります。

この期待と禁止によって“また会いたい”気持ちが引き起こされ、次のデートの可能性が高くなるのです。

向こうから誘われたなら大成功と言えます。ぜひ、デートの際の参考にしてください!

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

>>【初デートがうまくいったら…】2回目のデートで失敗しない方法!恋人になれる分かれ目は?