お付き合いをしていると、相手との将来を考える人も多いでしょう。

結婚を考えられるほどなら、つい相手との付き合いに慎重になる人もいるのでは……?

相手に嫌われたくない気持ちもあれば、相手のことを大事にしたい気持ちもあると思います。

今回は、そんな好きな人を想うあまりに、つい慎重になってしまうことをピックアップしてみました。

本気の恋ほど、つい慎重になってしまうことって?

(1)本音を話せない

本気で好きな人ほど、思うように本音を話せないことってあるのでは。たとえば、デートをもっとしたいとか。相手のこういうところをもうちょっと直してほしいとか。

わずかな不満でさえも、自分の心のなかに留めてしまう……。そんなことって、心当たりありませんか?

自分の思ったことをストレートに、好き勝手に言えないのは、相手に嫌われたくないから。相手を傷つけたくないからでしょう。

それでも、少しずつ時間をかけて付き合うことで、相手との関係はだんだんと出来上がってきます。相手のことが好きなら、焦らず関係を図りましょう。

付き合ったばかりのうちは、雰囲気がちぐはぐになったり、気を遣ったりすることもあるかもしれません。

でも、デートを通じていろいろな経験や話をすることで、相手に対する信頼は確実に積み重なっていきます。

お互いのことを知っていくことも付き合うことのひとつ。ぜひ真面目にゆっくりと恋ができるといいですね。

>>【おすすめの関連記事】好きな人こそ話せなくなっちゃう?その心理と解決法を徹底解説!

(2)甘えられない

2)甘えられない

好きな人の体に、「触りたいな」と思ったときに、躊躇なく触れられているでしょうか。恋人なんですから、スキンシップを図ることはとても大事です。

でも、相手との関係が出来上がっていなかったり、相手に気を遣ってしまったりして、思うように甘えられないことってあるのでは?

相手を想うあまりに「こんなことしたら、困らせちゃうかもしれない」「ヘンに思われるかも……」と、行動に移せない人もいるかもしれません。

ただ、相手が年上だったり、相手が役職に就いていたりする場合は、女性から甘えたほうが関係は図りやすいでしょう。

相手に甘えることで、関係が図られることはたくさんあります。逆に自分ひとりで頑張ってしまうと、男性は「俺って頼りない?」「俺じゃなくてもいいのかも……」と、付き合い方に悩んでしまうかも?

甘えることは、立派なコミュニケーションです。

初めはちょっとしたことでいいのです。「〇〇食べたいな」「〇〇行きたいな」など、デート時、自分の希望を出してみては。

何気ないことでも、相手はあなたの本音が知れて、要望通りにできることに嬉しさを感じると思いますよ。

おわりに

本気で好きなほど、相手との付き合いに慎重になってしまうもの。でも、勇気を出さないと、関係は一向に変わらないままです。

お互いの気持ちが本物なら、相手は逃げずに向き合ってくれます。あなたも向き合える覚悟が持てるはず。

悩んでいる女性がいたなら、ぜひ頑張って恋をしてみてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)